1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

『アタック25』終了も若年層にシフト…局の方向性に2つの疑問

WEB女性自身 / 2021年6月24日 20時28分

写真

24日、谷原章介(48)が司会を務める『パネルクイズ アタック25』(ABCテレビ系)が今秋で終了すると報じられた。75年に放送がスタートし、46年もの歴史を持つ『アタック25』。惜別をする声のいっぽうで、幕切れの理由を疑問視する声が上がっている。

放送開始時から36年間、初代の児玉清さん(享年77)から3代目の谷原まで、司会者を交代しながら日曜のお昼を照らし続けてきた同番組。

ネットでは《見ててイヤな気分になるわけでもなく、家族と見ていて気まずくなるわけでもない。良質のゆったりできる番組が次々と終わっていく》《視聴者参加型クイズ番組が無くなるのが悲しいです。児玉清さんの司会してた頃が懐かしいです。谷原章介さん、お疲れ様でした》と番組終了を惜しむ声が相次いだ。

そのいっぽう、後番組の方針には疑問の声があがっている。

24日の『スポニチ・アネックス』によると近年、同番組の世帯視聴率は5~6%台で推移。そのため、広告関係者は「後番組は若年層をターゲットにした番組になる予定です」と明かしたという。

《若年層向けの番組制作のため長寿番組を終わらせるみたいだけど、そもそも若年層はテレビ離れしてるんですが……。そもそも日曜お昼時に若年層はテレビ見ないと思うのだが》

《日曜の13〜14時代にテレビ見ないから 下手すりゃ働く人も多いのにww 子供ですら遊びに行くかゲームか習い事してる》

《若年層がこんな時間にテレビの前にいるわけないやろ》



■若い世代が日曜昼にテレビ? いっぽう若者こそクイズ好きでは?

『アタック25』と同じ日曜の昼帯ではこの春、『噂の!東京マガジン』(TBS系)が終了している。

「30年以上も続いた『噂の!東京マガジン』の後は、人気グループ・Snow Manの『それSnow Manにやらせて下さい』が始まりました。ターゲットの年齢層を下げた番組ですが、視聴率はあまり芳しくありません。というのもSnow Manのファンは当初から、家庭や仕事、または遊びを理由に『リアタイは難しそう』とSNSに投稿していましたから……」(テレビ誌ライター)

“日曜の昼を若年層に”ということだけでなくもう一つ、ABCテレビの方向性にいぶかしい点がある。

「現在、クイズ番組を通して古川洋平さん(37)や伊沢拓司さん(27)といったクイズ王が若者たちに親しまれています。さらに17年4月からスタートした『東大王』(TBS系列)では、現役東大生が出演することで話題に。むしろ彼らと年の近い世代こそ、クイズ番組に親しみを覚えているのではないでしょうか」(前出・テレビ誌ライター)

『日刊スポーツ』によると、ABCテレビは「今後の編成については、まだ確定しておりません」と話しているというがーー。果たして方針転換は吉と出るのだろうか。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング