1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

“サマージャンボ”の必勝祈願に!リモート参拝のすすめ

WEB女性自身 / 2021年7月29日 11時0分

写真

「いまは新型コロナで、遠方の神社に行きたくても自粛せざるをえない事態。私の動画や本を見て、リモート参拝した人たちから『金運を授かりました』という声が多数寄せられています。これは真に神様がこの事態を配慮してくださっていることと察します」

こう話すのは人気ユーチューバーのパワースポット一人旅さん。日本全国を巡り、独自の感性でパワーを実感した神社を撮影。視聴者も参拝を体感できる動画としてYouTubeにアップ。動画を見るだけで遠隔(リモート)参拝ができ、御利益を拝受できると話題になり、いまやチャンネル登録者数25万人を突破。動画の再生回数4,000万回という超人気ぶりだ。

本誌では昨年末、パワースポット一人旅さんが厳選した金運アップ神社を「今年の初詣では遠隔参拝で決まり」として紹介した。

今回は最新著『金運参拝』を出版したパワースポット一人旅さんが、現在発売中のサマージャンボ宝くじ(1等・前後賞7億円)当せん祈願のために、「こここそジャンボ当せんにふさわしい御利益」という6つの神社を厳選して紹介。

「紹介する神社の写真をただ見るだけでもそれなりの効果はありますが、神様にきちんと自分の願いを届けるための作法をお教えしましょう」(パワースポット一人旅さん)

その「金運リモート参拝」のお作法は次のとおり。静かな場所で、紹介する6つの神社から、直感を大切にして自分が参拝したい神社を選び、“参拝”してほしい。

【超簡単!金運リモート参拝のお作法】
(1)静かな場所で心を落ち着かせ、深呼吸を3回繰り返します。

(2)参拝したい神社のページ を開きます。直感で開いてもOK。

(3)写真から神様の存在を感じ、心の中でお詣りします。

(4)本殿の写真を思い浮かべながら、神様に感謝と具体的な自分の願いを伝えましょう。

(5)ページを閉じて、再度、神様に届くように「ありがとうございます」とつぶやきます。

「今回、前半は金運を後押しする龍神様のパワーが絶大な3神社、後半はご神木や天岩戸など、御利益絶大な自然界のご神体がある3神社を紹介しています。私も撮影に行く神社は、偶然耳にした情報を基にしたり、その神社の神様から『おいで』と呼んでいただいているという直感を大事にして選んだりしています。みなさんも、ふと目が向いた神社があれば『神様に呼ばれている』と思って、リモート参拝する神社に決めてください」

【中之嶽(なかのたけ)神社】群馬県甘楽郡下仁田町大字小坂1248/ご祭神:日本武尊(やまとたけるのみこと)・大国主命(おおくにぬしのみこと)

轟岩(とどろきいわ)をご神体とする妙義山中の金運パワースポット。とくに目を引くのは高さ20メートル、重量8.5トンと日本最大の規模を誇る金色のだいこく様。

「『ロトで高額当せんしました。大金が口座に振り込まれてお金の心配がなくなりました』などのお礼コメントが動画に寄せられた『宝くじ御利益神社』。日本一のだいこく様の金運パワーはもちろんですが、社殿の天井に描かれた『祥雲の龍』による龍神パワーがすごい!」(パワースポット一人旅さん・以下同)


【室生龍穴(むろうりゆうけつ)神社】奈良県宇陀市室生1297/ご祭神:高龗神(たかおかみのかみ)

古くから、雨乞いの神社と伝わる古社。平安時代には朝廷から雨乞いの使者が遣わされたといわれる。神社の奥の渓流沿いを行くと龍神がすむという「吉祥龍穴」と呼ばれる岩窟が。

「龍神のご加護を受ける神秘のパワースポット。龍神は金運・財運アップの御利益があるとされ、この神社の動画で遠隔参拝した人からは『借金完済できました』『大きな仕事の連絡がありました!』などのお礼コメントが多数寄せられるなど、その御利益にびっくり」



【高龍(こうりゆう)神社】新潟県長岡市蓬平(よもぎひら)町1276/ご祭神:高龍大神

蓬平は、今から約600年前、南朝の武将が旅の途中で道に迷い、龍神がすむというこの地に居着いたという言い伝えがある。現在も商売繁盛の龍神様として参拝者が絶えない。

「金運がアップし、大金持ちになれるといわれるパワースポット。私が訪れたとき、境内に蛇が現れ、撮影することができました。蛇は神様の化身で吉兆とされます。実際にこの神社の動画を見た人から『ロトに当せんし、口座に大金が入り、とても幸せです』との声が寄せられています」

【日向(ひむかい)大神宮】京都府京都市山科区日ノ岡一切経谷町29/ご祭神:天照大御神(あまてらすおおみかみ)

西暦480年ごろ、九州・高千穂の峰の神蹟を移して創建されたと伝わる。平安時代、清和天皇から「日向宮」の勅額を賜った、古都・京都でも最古の宮のひとつ。

「山全体がご神体とされ、参道に一歩足を踏み入れるとご神気に満ちていることを感じます。内宮の奥にある天岩戸はそのご神体の中を通り抜けられるパワスポで、通り抜けた後は全身が浄化され、すがすがしい気分に。動画アップ後『300万円が手に入った』など反響も大きかったです」

【星田(ほしだ)妙見宮】大阪府交野市星田9-60-1/ご祭神:天之御中主大神(あめのみなかぬしのおおかみ)・高皇産霊大神(たかみすびのおおかみ)・神皇産霊大神(かみむすびのおおかみ)

平安時代、嵯峨天皇の御世にこの地を訪れた弘法大師が、佛眼仏母尊の秘法を唱えたところ、天上より降ってきた七曜の星(北斗七星)と伝わる霊岩をご神体として祀る。

「本殿の背後にある織女石が天上から落ちてきたとされるご神体で、いちばん強いパワーを感じます。神社でいただいた『太上神仙鎮宅七十二霊符』を自宅に祭ったところ、本当に身の回りから悪いことが減り感謝。動画を見た人からも『鳥肌が立った』との声を多く聞きます」


【元伊勢内宮 皇大(こうたい)神社】京都府福知山市大江町内宮217/ご祭神:天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)

伊勢神宮が現在の地に鎮座する以前から当地に祭られていたとの伝承により元伊勢内宮と呼ばれる。神社から西参道をしばらく行くと、岩壁にはりつくように秘境・天岩戸神社が現れる。

「動画を見た人から『ロトで高額当せんした」というお礼コメントが届いた、まさに宝くじ開運神社。こちらも山全体がご神体で、ご神木の「龍灯の杉」はすっと天に向かってまっすぐ伸び、境内には小石で打つと『キン、キン』と音がする『カネの鳴る石』もある聖域です」

今回目指すのは、もちろんサマージャンボの高額当せんだが、やみくもに「7億円」と願っても御利益は得られないとパワースポット一人旅さんは話す。

「正直、私の周辺で、金運神社に参拝して、宝くじで高額当せんしている人を何人も知っています。ただその参拝法には、ひとつの大きな特徴があるんです」

たとえば、先日、高額当せんした知人は、参拝時に「宝くじで7億円を当ててください」とお願いしたわけではなかったそうだ。「事業資金として○百万円が必要です。必要な資金を与えてください」とお願いして、帰りに宝くじを買ったところ、必要だった金額が当たり、事業を始めることができたという。

「とくに龍神様は、目標があって、努力している人の後押しをしてくれるといわれます。がんばっているのに結果が出ないという人に龍神様が手を差しのべてくれて、結果的に宝くじに当せんするのではないでしょうか」

つまり、リモート参拝の際、まず「一戸建ての家が欲しいから1億円が必要です」「将来の親の介護のために余裕が欲しい」など、具体的に神様にお願いすることが大切。

「そのうえで、宝くじ購入の際は、大安などの吉日を選び、よく当たりが出ていて、明るい笑顔の販売員さんがいる売り場を探して買ってください。そうした努力を神様は見ていて、高額当せんという形で願いをかなえてくれるはずです」

ぜひあなたも、いまお金が必要な具体的な理由とその金額を伝えてリモート参拝し、売り場もきちんと選んで購入してほしい。その願いは必ず神様に届くはずだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング