1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

中居正広 タブー破りなキスマイ千賀の“整形いじり”強行した愛ある真意

WEB女性自身 / 2021年9月8日 15時50分

写真

「なんか千賀、先週ね、ここらへん(頬を指し)に注射打ったって言ってた」

悪戯な笑みを浮かべながらこう語ったのは中居正広(49)。これは8月29日放送の生放送特番『FNSラフ&ミュージック』(フジテレビ系)内でのこと。

中居はゲスト出演したKis-My-Ft2の千賀健永(30)が頬にヒアルロン酸の注射を打っていたことを暴露。公表していなかった千賀は動揺しつつも、最終的に「ちょっとだけ打ちました……」と渋々認めたのだ。

この“整形イジり”が波乱を広げている。

「タレントが発表していない美容整形をほかの人が明かすのはタブーですし、アイドルであるジャニーズ事務所ではもってのほか。視聴者の間では賛否が真っ二つに分かれていました」(スポーツ紙記者)

千賀が所属するキスマイの派生ユニット「舞祭組」を中居がプロデュースするなど2人は師弟関係にある。しかし、今回のイジりには千賀も悲鳴を上げているという。

「千賀さんは以前にも、中居さんに当時住んでいた実家の地名を暴露され、一人暮らしを余儀なくされたそうです。今回の整形イジりも事前に聞いていなかったため、『さすがにちょっと……』と放送直後は意気消沈していたそうです」(テレビ局関係者)

しかし、中居がタブーを破った裏には、弟子への“愛”があった。

「もともと、中居さんは千賀さんのトーク力を高く評価しており、『あいつはイジれば絶対に笑いを起こせる』とよく語っています。大型特番の場でイジることで、千賀さんの魅力をお茶の間に届けようとしていたのでしょう」(中居の知人)

千賀も中居の真意を理解し、“和解”にいたったようだ。

「中居さんも反響を知って、さすがに今回は『やりすぎたかな』と反省しているそうです。結果として“整形イジり”はニュースで取り上げられ、大きな話題に。千賀さんは放送2日後に会員制ブログで、中居さんとの信頼関係があってこそのやりとりだったと明かし、感謝していました」(前出・テレビ局関係者)

師匠の“愛あるイジり”を糧に千賀がバラエティ界を席巻する日も近いかも?

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング