1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

日焼け止めはスポンジで塗る!美肌医師が教える秋の紫外線対策5選

WEB女性自身 / 2021年9月29日 11時0分

写真

近所を散歩するのにピッタリなこの季節。日焼け止めを塗らずに外出してはいませんか? 乾燥した肌に紫外線が降り注ぐと、肌の老化が一気に進みます。今の時期こそしっかりとした対策を!

「真夏のジリジリとした日差しが落ち着いたからといって、日焼け対策がおろそかになってはいませんか? “秋の日焼け”には『シミ』『シワ』『たるみ』といった肌の老化を加速させる危険がいっぱい潜んでいるため、十分な注意が必要です」

そう指摘するのは、内科・皮膚科医で美容と健康を医療の観点から追求している友利新先生。

気温が下がり、近所を散歩するにも心地よい季節だが、“秋の日焼け”には、いったいどんな危険があるのだろうか?

「秋の紫外線が肌老化を進める主な理由は2つあります。1つ目は『太陽高度』です。秋は夏に比べて太陽の高度が下がります。すると太陽光が斜めから降り注ぎ、顔全体や首にダイレクトに紫外線が当たってしまうのです。秋でも初夏並みの紫外線が降り注ぐため、うっかりしていると大量の紫外線を浴びてしまいます」(友利先生・以下同)

2つ目の原因は『乾燥』だ。

「秋は空気が乾燥してくる季節。乾燥は肌のバリア機能を低下させるので、少しの衝撃でも肌に炎症が起きてしまいます。この炎症こそがシミ・シワ・たるみなどの肌老化を引き起こす原因です。長引くコロナ禍でのマスク生活で摩擦が加わり続けていることもあり、肌のバリア機能は著しく失われています。その状態で紫外線を浴びると、肌老化がいっそう進むという負のスパイラルが生まれてしまうのです」

■日焼け止めクリームで肌をバリア

では“秋の日焼け”から肌を守るにはどうすれば?

「まずは日焼け止めクリームの役割を正しく理解することが大切です。日焼け止めに表示されている『SPF』は肌の表面に届き、シミの原因になる『UV-B』を防ぐものです。『PA』は、肌の奥深くに届き、シワやたるみの原因になる『UV-A』を防ぎます」

「SPF」や「PA」の値が大きいほど紫外線から肌を守る時間が長くなるという。

「紫外線を防ぐ時間は20分×『SPF』値で計算できます。たとえばSPF50の場合、20分×50=1,000分(約16時間)肌を守ってくれます。外出する時間に合わせて日焼け止めの強さを選んでいきましょう」

■日焼け止めクリームはスポンジで塗って密着度UP

塗る量や塗り方も重要だと友利先生は続ける。

「日焼け止めクリームは平均的な日本人の顔の大きさで、1回あたり0.7グラム使うことで、パッケージに表示されているSPF・PAなどの効果が発揮されます。0.7グラムとは500円玉くらいのサイズ。『スポンジ』を使って、肌に密着させるのがオススメです」

特に塗り残しの多い場所はまぶたと鼻の下。アスファルトによる紫外線の照り返し予防に、フェースラインにもしっかり塗っておくことが、シミだらけの顔になるのを防ぐために必要不可欠だそうだ。

最近では多機能の日焼け止めも注目されている。

「私は『ラ ロッシュ ポゼ UVイデアXL』(SPF50+/PA++++)を愛用しています。PM2.5など大気中の物質や花粉からも肌を守ってくれるのです」

大気汚染物質も肌の炎症を引き起こす原因なので、日焼け止めを活用して紫外線とダブルで防ぐことが大切だという。



■ビタミンACE(エース)で肌の炎症を抑える

肌の老化防止には、体の内側からのケアも重要。

「日焼けなどのダメージを受けて起こり、肌老化の原因に直結する『炎症』を抑えるためには、3大ビタミンと呼ばれるビタミンA・C・E(エース)が有効です。ビタミンAには潤いを保つ効果があり、ビタミンCはコラーゲンの生成を助け、ビタミンEは肌の新陳代謝を活性化させます」

【肌の老化を防ぐ3大ビタミンACE】

〈ビタミンA〉
肌や粘膜を保護して潤いを保ってくれる効果が。ほうれん草、にんじん、かぼちゃ、小松菜などの緑黄色野菜や、レバー、卵、サケに多く含まれる。

〈ビタミンC〉
シミ・そばかすを防ぐコラーゲンの生成を助けてくれる。ブロッコリー、ピーマン、パプリカ、キウイ、クコの実、レモンに多く含まれる。

〈ビタミンE〉
血行を促進し、肌の新陳代謝を活性化させて老化を抑える。かぼちゃ、ごま、ナッツ、くるみ、アボカドなど種実類に豊富に含まれる。

「乾燥してくるこれからの季節は、『ルッコラ』×『サバ缶』、『秋サケ』×『サクラエビ』、『かぼちゃ』×『くるみ』など、ビタミンACEが豊富な食べ合わせを意識して取りましょう」

【ビタミンACEで“肌のバリア機能”をアップ】

〈ルッコラ×サバ缶〉ルッコラパスタ
ビタミンCがほうれん草の2倍含まれるルッコラが、肌のバリア機能をアップさせ、透明感のある肌に。サバ缶には抗酸化作用があるDHA・EPAや、肌の老化予防効果のあるオメガ3系脂肪酸がたっぷり。

〈秋サケ×サクラエビ〉秋サケおにぎり
秋サケとサクラエビは、紫外線によるシミやシワ、たるみを防ぐ抗酸化作用のある「アスタキサンチン」が豊富な最強タッグ。サケには、美容と健康にいいといわれるDHA・EPAが豊富で、肌ツヤにもよい。

〈かぼちゃ×くるみ〉かぼちゃサラダ
ビタミンACEトリオがそろったかぼちゃは、乾燥しやすい季節に必要な潤いをキープし、シミ予防に効果的。くるみも老化を防ぐビタミンEが豊富。オイルを少量垂らすと吸収率がアップするのでオススメ。

最後に、友利先生はこう言う。

「高い美容液よりも、毎日の日焼け対策こそが、美肌の秘訣です」

涼しくなったこれからの季節も、毎日の紫外線ケアを徹底し、シミ・シワ・たるみを予防しよう!

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング