1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

千葉真一さん「四十九日法要が2回」の異常事態…長女と“最後の女”が遺骨バトル

WEB女性自身 / 2021年10月5日 6時0分

写真

9月下旬のある日の午後8時。東京・羽田空港の国際線到着口から、一人の男性が出てきた。白いパーカにサングラス姿。芸能人オーラ全開で現れたのは、新田真剣佑(24)だった。

真剣佑は迎えに来た友人や関係者と談笑しながら、一般の利用客とは違う出入り口から空港を後にしたのだった。

「ハリウッド映画『聖闘士星矢』出演など本格的にアメリカ進出した真剣佑さんですが、帰国時期は10月上旬を予定していたはずです」(スポーツ紙記者)

8月19日に亡くなった千葉真一さん(享年82、本名・前田禎穂)。長男の真剣佑は、予定を前倒しして日本に帰ってきたようだ。

「千葉さんが亡くなったときにアメリカにいた真剣佑さんは、まだ遺骨に手を合わせていません。異母姉にあたる真瀬樹里さん(46)や弟の眞栄田郷敦さん(21)は亡くなってすぐに対面しましたが、真剣佑さんだけがまだ千葉さんと会えていないのです。

また、帰国後2週間の自主隔離のため、四十九日法要にも参列できないのです」(千葉さんの知人)

千葉さんの四十九日法要を行わなければならない時期は、亡くなった日から計算すると、10月上旬。だが、遺族や関係者の間である騒動が起こっていた――。

「千葉さんの四十九日法要が、2回も行われるそうなんです」

こう話すのは、千葉さんの仕事仲間だった映画関係者だ。

「千葉さんの葬儀で位牌を抱えていたOさんという70代の女性がいます。彼女は、千葉さんや真剣佑さん、郷敦さんを長年公私にわたって支援してきました。

じつは、Oさんが発起する形で、“さよなら会”と称して、10月6日に実質的な四十九日法要が都内のお寺で行われることになったのです。参加者は、主に千葉さんと縁があった仕事の関係者です。ただ、千葉さんの遺骨は真瀬さんのもとにあるので、その日は遺骨なしでの法要になるそうです」(前出・映画関係者)



■長女は郷敦にも四十九日法要の連絡はせず…

この法要が行われるのは、Oさんが生前、千葉さんに紹介していた寺だ。Oさんは本誌9月14日号で、《もともと千葉さんは別の宗派だったんですが、それをきっかけに改宗した》と語っている。

Oさんによれば、千葉さんはこの寺のお墓に入ることを希望していたというが――。

「一方、その2日後の10月8日に、千葉さんの自宅がある君津市内で、遺骨を持っている真瀬さんが取り仕切る形での四十九日法要があります。

しかし、隔離生活中の真剣佑さんはともかくとして、郷敦さんまで君津市での法要に参加しない予定なのです。2人はロサンゼルスで生まれ育ち、日本の冠婚葬祭についてピンときていないところもあるのですが、それでも特に真瀬さん側からの連絡はないと聞いています。

Oさんと真瀬さん、それぞれに言い分はあるのでしょう。でも四十九日法要が2回あることに真剣佑さんや郷敦さんも困惑しているし、関係者の多くもあきれています」(前出・千葉さんの知人)

終活カウンセラー協会で代表理事を務める武藤頼胡さんは、こう解説する。

「葬儀や法要でもめるということ自体は稀にあります。ただ、四十九日法要を2回も開くというのは、かなり特異なケースです。仮に宗派が2つあるから2回やるというなら、葬儀も2回行ったのか? ということになるからです」

千葉さんの晩年を経済的にも支えた“最後の女性”Oさんと真瀬の間で繰り広げられる“遺骨バトル”。四十九日以降も、まだまだ決着はつきそうにもなく――。



■平行線を辿るOさんと長女の主張

「Oさんは、生前に千葉さんが望んでいたという都内のお寺の墓への納骨を求め続けているのです。しかし真瀬さんは、千葉県にすでにある前田家の墓への納骨を主張し、平行線をたどっています。

さらにOさんは、四十九日の次に行われる法事である百箇日法要で、前田家の長男である真剣佑さんが施主を務めるべきだと主張しています。百箇日法要には郷敦さんや母のA子さんも参加する予定なのですが、いまの混乱した状態で、本当に行えるのか……。

法事が終われば、Oさんは改めて真瀬さんに都内のお寺への分骨を要求するでしょう。それまでに結論が出ているといいのですが、10月上旬の時点で、千葉さんがどこで眠ることになるのか、まったく決まっていないのです」(前出・映画関係者)

Oさんが主張している“千葉さんの意向”が真瀬側に受け入れられることはあるのか。前出の武藤さんはこう話す。

「どれだけ懇意にしていても、あくまで千葉さんとOさんは他人です。真瀬さんが『骨は分けません』と言えばそれまでです。ただ、真剣佑さんが『骨を分けてくれ』と真瀬さんに求めることはできます。彼が賛同すれば、Oさんの希望もかなえられる可能性はあります」

こうしたトラブルを避けるためには、生前にしっかりと意思を周囲に伝える必要があるという。

「今回のようなケースでは、エンディングノートを書いておくだけでは十分とはいえません。もともと一族の墓守を千葉さんがしていたなら、『代々の墓は任せた。俺は自分で墓を決める』と真瀬さんに話し、納得してもらったうえで託す必要がありました。

お寺にも事前に、『します』と伝えておくことが大切です。お墓やお寺は、“結婚”と似ています。入りたいお墓があるなら、きちんと“離婚”してから次に行く。そうしないと、死後にトラブルが起こってしまうのです」(前出・武藤さん)

このままでは、天国の千葉さんが穏やかに眠れない――。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング