最大還元率は6.5%…もっとも得する電子マネーはこれだ!

WEB女性自身 / 2014年9月4日 16時0分

ポイント情報サイト「ポイ探」を運営する菊池崇仁さんが、今イチ押しの電子マネーを教えてくれた。それは、今年5月に誕生した「au WALLET」。auの携帯電話利用者なら誰でも、申し込みをすると無料でカードが届き、すぐ使えることができる。
 
電子マネーといえば「WAON」「nanaco」「Suica」などがおなじみ。どれも事前にお金をチャージしてレジにかざすだけで支払いができるのが特徴だ。一方、au WALLETは、支払いのときにカードを店員に渡し、機械で読み取ってもらうクレジットカード形式。
 
「プリペイド型のクレジットカードと考えるといいでしょう。MasterCardの加盟店なら世界中どこでも利用でき、日常のさまざまな支払いに使えます。一般のクレジットカードと違い、審査はなく、年会費もかかりません」
 
お金をチャージするには、クレジットカードで入金する方法もあるが、キャンペーン中の今ならネット銀行の「じぶん銀行」からの入金が断然おすすめ。
 
「5000円以上チャージした場合、チャージ金額の5%が増額されます。つまり、1万円チャージすれば、1万500円カードに入るわけです。さらに、お店で支払いに使えばポイントもたまります」
 
キャンペーン期間は、今年12月31日までの予定なので、2014年にもっともトクする電子マネーといえる。事前にじぶん銀行の口座を開設し、au WALLET専用のサイト、もしくはスマートフォンのアプリに登録しておく。1度のチャージで2万5000円まで入金でき、最大10万円まで入金可能だ。
 
「auの携帯電話利用者の場合、他行に振り込む場合でも手数料が無料。ATMの手数料も24時間365日無料。ただ、公共料金の自動引落としには対応していないので、メインバンクとしては使いづらいかも」
 
だがもちろん、ほかの電子マネーと同じように、店舗での利用でポイントも加算される。1ポイント=1円で電子マネーに交換し、次回の買い物に使うことができる。
 
「セブン-イレブンやマツモトキヨシなど『ポイントアップ店』で買い物すると、2〜3倍のポイントがたまります。チャージの際の5%と合わせれば、最大で6.5%が還元される計算。ほかの電子マネーと比べてもダントツにおトク。電車にのる機会が多い人なら、Suicaなどの交通系電子マネーとの2枚持ちをすれば万全です」

女性自身

トピックスRSS

ランキング