櫻井翔 今振り返る「不安と恐怖でいっぱいだった10年前」

WEB女性自身 / 2014年10月6日 12時0分

9月19、20日にハワイ・ホノルルで開催された、嵐の15周年コンサート『ARASHI BLAST in Hawaii』。2日間で3万人を動員し、日本ではパブリックビューイングで14万人が見守るなか、嵐の15年をギュッと凝縮したステージが披露された。
 
1999年9月の結成以来、今日まで15年。赤ちゃんが高校生になるほどの年月を、喜び、苦労、いろんな思いをともにして歩んできた5人。今ではすっかり成熟し、最強のグループに成長した嵐のメンバーが15年を振り返る。
 
【櫻井翔】
「今までやったコンサートは全部楽しかったです。歌って踊るっていうことが、僕の原点なので。だから、ファンの方が見てくれているなかで、自分たちのやりたいことを表現者としてステージで披露していくことが、僕は純粋に楽しいと感じますね。今でも、そこはずっと変わらない感覚です。
 
デビューから 06年ごろまでがいちばんつらかったですね。コンサートしても、ライブ会場にお客さんが全然入らないこともあって。ステージに立っている僕たちは、露骨に空席がわかって本当にキツかったし、悔しかった。
 
プライベートでは、10年前の 04年は不安と恐怖でいっぱいで。今まで学業と仕事の2つのバランスを取っていたけど、大学卒業と同時に、仕事1本で生きていくっていうことが、とにかく怖かった。将来に対する不安から、やるしかないっていう覚悟に変わった瞬間ですね。今でも未来は常に不安。今自分にできることを頑張りたいです。将来への不安や恐怖が僕の原動力なのかも。
 
こうして嵐以外でもいろいろな活動ができるのも、嵐のメンバーだからだと思うので、日々『嵐のメンバーでよかった』っていう実感はあります。特に 09年の紅白は、僕らも10周年で紅白も60周年だったので、たくさんの人たちに、初めて『おめでとう』って言われてすごく感激して。これから20周年に向けて、さらに攻めていく嵐を見ていてほしいです!」

女性自身

トピックスRSS

ランキング