蛭子能収のゆるゆる人生相談「絵が上手になるには…」

WEB女性自身 / 2014年10月6日 12時0分

蛭子能収のゆるゆる人生相談、今回は千葉県松戸市のふなっしー大好きさん、8歳からの相談です。
 
Q. 私は絵を描くのが大好きですが、なかなかうまくなりません。蛭子さんは漫画家なんですよね。どうやったら絵が上手になりますか?あと、図画でいい点数をとる方法を教えてください。
 
蛭子さんのアンサーは  。
 
オレに聞きますかね。絵がうまくなる方法はオレだって知りたいですよ。
 
でも図画でいい点数をとる方法はあるんですよ。オレは小学校低学年のときから図画の点数がよかったんですけど、それは先生がどういうのが好みか察知していたからなんです。
 
ある先生は、仕事場の風景を描けばいい点数をくれたので、造船所の絵ばかり描いて褒めてもらっていました。次の先生は変わった絵を好む人で、太陽を2つ描いたような奇をてらった絵を持って行くと「おっ、おもしろいな」と。
 
高校のときも県のコンクールに入選したいなと思って、過去の入選作品を見たら、どうやら細かく描くといいとわかって、一生懸命、緻密に描いたら2位になったんです。
 
とにかく絵は見る人の好みなので、小学生のうちから、人の顔色をうかがって絵を描いていたほうがいたほうが絶対にいいですよ。

女性自身

トピックスRSS

ランキング