「人間ぽくていい!」と森田剛が語るV6メンバーとは

WEB女性自身 / 2014年11月8日 7時0分

最近ではソロでの活躍が目覚ましいV6も、デビュー20年目に突入!いざそろうと少年のような仲のよさがあり、成熟したグループならではのチームワークがある。そんななか、森田剛(35)がメンバーの素顔を語った。
 
健と出会ったときのことは今でもよく覚えてる。紫色の服着て、態度の悪い、何か変な子供だった(笑)。そのまま大人になっちゃった感じ。最近はアウトな発言で楽しませたりしてるけど、人間ぽくていいんじゃないかな、と思う。でも、2人で話してても、会話を取ったり、俺が振り付けの先生に教わっててもいつの間にか入ってきて先生を取っちゃう。そんな泥棒癖はやめてほしい!(笑)
 
坂本(昌行・43)くんは今でも仕事のときに「たまに緊張する」って言ってる姿を見て、それだけ新鮮な気持ちで取り組んでいるんだ、って感心します。昔から料理はしてる、って聞いてたけど、好きなことが仕事になるっていいですよね。前に鍋をつくってもらったけど、キレイで品のいい鍋でした。
 
長野(博・42)くんは昔から人を緊張させない大らかな人。言いたいことも我慢している気がする。たまには吐き出してほしいな。でも、ブレない自信や自覚を持ってる人。グルメの部分や、着てる服も昔から変わらない。
 
井ノ原(快彦・38)くんは、いいお兄ちゃん。Jr.時代から、けんかの仲裁役をやってくれてた。朝の番組、僕はまだ寝てるから見てないんですが(笑)、MCとして大成しててすごいと思うけど、僕はV6でいるときのふざけた井ノ原くんが好きです(笑)。
 
岡田(准一・33)の印象は今も昔も変わらない。自分を追いつめて、それを力にするタイプ。そこは共感するし、打ち合わせしてても楽。あんまり説明しなくても伝わる感じ。年下なのにわかってくれようとしてくれる。
 
俺は、いろんな経験をしてきたせいか、どんどん自分を客観的に見るようになった。35歳でまだ中途半端、今は変わりどきなのかな。自分自身に飽きちゃうタイプだし、年々、気が小さくなっていくけど、どうせなら思いっきり変わってみたい。

女性自身

トピックスRSS

ランキング