アベノミクス負担増に打ち勝つ“楽観主義”のススメ

WEB女性自身 / 2014年11月20日 7時0分

「私はこれ以上の消費税増税には断固反対です。主婦の方もそうだと思いますが、生活者はさまざまなことを肌で感じ取ります。それは、生活実感のない政治家より、はるかに的確だと自負しています」
 
そう話すのは、ベストセラー『嫌われる勇気』の著者で哲学者の岸見一郎さん(58)。安倍政権の経済政策「アベノミクス」が行き詰まっている。円安による食料品などの高騰や、消費税以外にも負担増が相次ぎ、庶民の生活は厳しさを増している。将来に備え自分の身は自分で守るしかない。では、どうやって自分の身を守っていけばいいのか?
 
「ただ、今の政治はよくないと思いますが、悪政だから私たちも不幸かといえば、そうではありません。経済が上向くことが豊かさだと思い込んでいる方も多いのですが、本当の豊かさは、経済とは関係ありません。つまり、私たちの幸せは、お金の問題ではないのです。私たちは幸せになるために、お金にとらわれることをやめなければなりません。豊かさの見方を変えるのです」
 
岸見さんは、これまでアドラー心理学を研究してきた。アドラーは人の考え方について言及している。人の考え方には3つあり、ひとつは、何をしてもどうにもならないだろうという「悲観主義」。もうひとつは、時がたてば何とかなるだろうという「楽天主義」。最後は、自分にできることは何かを考え、できることをやってみようという「楽観主義」だ。
 
アドラーは、「みんなが楽観主義でなければならない」と言っている。
 
「お金が足りないなら安い食材を探してみる、安くておいしい料理を工夫する、ベランダで野菜を育てるなどいろいろ考えて、それらを楽しみながら実行するのです。どんなに生活が苦しくても大変でも、あきらめてはいけません。自分が今できることをやり続ければ、自分も世の中も変わるかもしれない。こう考えると、どんな社会でも生きる希望はなくなりません」

女性自身

トピックスRSS

ランキング