相葉雅紀の大好物“相葉家流雑煮”ポイントは餅どろどろ

WEB女性自身 / 2015年1月1日 12時0分

「ハワイに滞在中、5人でよく話をしたんです。たわいもない話なんだけど、大事な時間を過ごすことができて、ごほうびみたいに感じました。 14年は、めまぐるしい中でも、一つ一つ集中してできた気がします。2015年も、求められることに対して柔軟にやっていきたいな」
 
そう話すのは、15周年という特別な年を過ごし、2014年も多忙な日々を送った嵐の相葉雅紀(31)。年末を過ぎれば、嵐のメンバーにも毎年ちょっとだけ、ゆっくりとした時間が訪れるそう。貴重なその時間をいつもどう過ごしているのか?相葉に聞いた。
 
「正月は毎年、祖母の家に集まって親戚一同で乾杯しています。昔は僕と弟がいとこのなかでいちばん年下だったのに、今はその子供たちがいっぱいいて、お年玉をあげてる。感慨深いです」
 
お正月は何を食べて過ごしてるの?
 
「僕、お雑煮が大好きなんですよ。本当はお正月以外も食べたいけど、作り方を知らなくて。お正月に実家に帰ったときにだけ食べられる料理だからね。次に帰ったときにレシピを聞いて、好きなときに作って食べようかなって思うくらい。でもそれじゃ、ありがたみがなくなっちゃうかもしれないからね(笑)」
 
それは、どんなお雑煮?
 
「実家のお雑煮は薄味のだしで、もちは焼かずに入れてどろどろになるまで煮る。つきたての感じが残っているふうでおいしいんですよね」

女性自身

トピックスRSS

ランキング