メタボ編集者が高速道路SAグルメ企画を覆面取材

WEB女性自身 / 2015年7月17日 6時0分

話題のスポットやニューオープンのお店を、本誌編集者・めた坊(40歳独身。食いしん坊生活が続き、身長170センチで体重はかろうじて0.1トンを切るメタボ体形に成長)が覆面取材。 勝手に対決 させるこの企画。今回のお題は「高速道路のサービスエリア(SA)グルメ企画」だ。
 
まずは、中央道・談合坂SA(上り)で7月4日から開かれている「食べログ物産展」へ。食べログユーザーが厳選した、レストランのお取り寄せグルメが待っていた。
 
めた坊の 食いしん坊センサー が反応したのが「大阪ブラックラーメン」(金久右衛門・1,080円)、「那須和牛ふりかけ」(ステーキハウス寿楽・650円)、「チーズケーキバー 8本入り」(小岩井農場・2,335円)の3品。
 
早速、自宅に持ち帰り実食!ラーメンは見た目が真っ黒、でもしょっぱくないTHE醤油味。ラーメンを食べると欲しくなるのが白いご飯。ふりかけをたっぷりかけて  。牛肉風味と多めのごまに、ご飯がススミすぎ!そしてデザートには、チーズケーキバー。こちらも醤油味に負けない濃厚なチーズ。さすが、1本約300円の高級品に大満足だ!
 
対するのは「東京名店グルメ」を集めた常磐道・守谷SA(下り)。7月1日に「Pasar守谷」としてグランドオープンした建物はピカピカ。フードコートには、東京発祥の名店がズラリと並ぶ。
 
めた坊の目に飛び込んできたのが「とんかつ まい泉」。まい泉といえば、カツサンド。でも、今回は初めて、かつカレー(980円・サラダ付き)を注文。ヒレとロースが選べるので、もちろんロースだ。かつは相変わらずのおいしさ、でもカレールーが記者には甘すぎ  。SAのカレーは子供も食べるので、辛くしていないのかも。
 
次はやっぱり麺類。「せたが屋」のせたが屋ラーメン(1,100円)はチャーシュー、味玉のトッピング満載。魚介風味の醤油味スープは、思わず飲み干しそうだ。別腹デザートは「南国酒家 広東麺飯坊」のあんにんアイス(400円)をチョイス。杏仁が香るソフトクリームがパンパンのおなかに優しい。
 
【めた坊ジャッジ】デザートのあっさりが決め手。食べすぎた後に優しい「あんにんアイス」の守谷SAに軍配だ!

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング