おいしくてお金かからず…“雑草”は夢の食材だった!?

WEB女性自身 / 2015年9月7日 6時0分

写真


7月に東京・お台場で、世界初の雑草イベント「雑草ナイト in お台場」が開かれた。中心になったのは、社団法人雑草ソムリエ協会会長の市村よしなりさん(41)。
 
「雑草はおいしくて、健康的。そしてお金がかからない。まさに夢のような食材が、いくらでも生えているのです。食糧問題さえ解決するかもしれない雑草料理を、ぜひ広めたいと考えています」
 
市村さんは10歳のとき、父親が事業に失敗し、8億円の借金を抱えて倒産。一家は山奥に夜逃げすることになった。そのときの生活は「雑草と雨水で空腹をしのいだ」ものだったという。そんなサバイバル生活で雑草の知識やおいしさを学び、より多くの人にそのことを知ってもらおうと、雑草の可能性を広める活動を始めた。
 
「私の考えからすると、人間が管理や栽培のしやすい雑草を『野菜』と呼んでいるだけなのです。だとするなら、食べられる雑草がほかにもあるということを、多くの人が知ることで、日本の食料自給率は大きく伸びるかもしれませんよ」
 
そう語る市村さんのお肌は、白くてツヤツヤ。もしかして。雑草には美容効果も?
 
「雑草は無農薬ですから、健康食そのもの。その意味では、美容効果もあるかもしれませんね。それに雑草には、アスファルトの裂け目からでも生えてくるほどの、力強い生命力があります。それを食べることは、生命力を取り入れることだと思います」
 
最近、道の草=雑草を食べることはブームになっている。その 道草食い の達人で、野草食の本も出している、俳優の岡本信人さん(67)と東京都町田市を歩くと  。
 
「これはコヒルガオ。花やツルをてんぷらにして食べます。生でもおいしい。あ、ツユクサですね、ベーコンといっしょに炒めてもいい。花といえばヒメジョオンの花の天ぷらや、シロツメクサの花をゆでた酢の物も、最高ですね」
 
花の季節のツユクサを乾燥させたものは、下痢止めや解熱の薬として、長く民間で用いられてきた。
 
「お、あそこにはオオバコがいっぱい。これはうまそうですよ。ご飯といっしょに炊いた『オオバコご飯』として食べるのもおすすめ。それから、そこにはタンポポが。葉をオリーブオイルであえて食べれば、ルッコラみたいな、少し苦味のある味になります」
 
少し歩いてみただけで、食べられる雑草がいっぱい生えているのだ。岡本さんのアドバイスは。
 
「初心者は、必ず植物図鑑で調べてから。ただし、図鑑に載っているのは、花が咲いている状態のものが中心です。食べられる草の旬は開花の直前、若芽の時期が多いので、その状態の違いを知っておく必要があると思います。また、食べられる草によく似た毒草も多いので、知らない雑草は絶対に食べないこと」
 
きちんと知識を身につければ、食卓のメニューが1〜2品、タダで増えそうだ!

女性自身

トピックスRSS

ランキング