IMDbが選ぶ過去25年のベストムービー

WEB女性自身 / 2015年10月15日 12時0分

写真


昨年映画芸術科学アカデミーが主催した『ショーシャンクの空に』公開20周年記念上映会には、モーガン・フリーマンとティム・ロビンスの主演コンビが駆けつけたMatt Petit/(C)A.M.P.A.S.
世界最大級の映画情報サイト「The Internet Movie Database(IMDb)」が10月17日に開設25周年を迎えるにあたり、250万人にものぼるユーザーからの投票により過去25年間におけるベストムービーを選出した。1990年から2014年まで、それぞれ1年間の間に公開された作品の中から1本ずつ、計25本が点数と共にリストアップされている。
150万を超える票が投じられ、最高点9.3で首位に輝いた1本は『ショーシャンクの空に』(1994)。公開当時の興行収入はあまり振るわず、この翌年のアカデミー賞も『フォレスト・ガンプ/一期一会』がほぼ総なめしたため受賞を逃したが、現在に至るまで非常に高い人気を保ち続けている。
監督別に見てみると、クリストファー・ノーランが最多の5本、マーティン・スコセッシとクエンティン・タランティーノが4本ずつランクインしているが、意外にもスティーヴン・スピルバーグ作品は『プライベート・ライアン』(1998)のみだ。最多登場した俳優はレオナルド・ディカプリオ。
IMDbの創立者でCEOのコル・ニーダム氏は、「正直に申し上げて、全てが偉大な映画です。これは素晴らしいリストですよ。世界中に存在する250万人のIMDbユーザーの票が反映されているのですからね」とコメントしている。
1990年から順に紹介しよう。点数は10点満点。
1990年『グッドフェローズ』8.7 1991年『羊たちの沈黙』8.6 1992年『レザボア・ドッグス』8.4 1993年『シンドラーのリスト』8.9 1994年『ショーシャンクの空に』9.3 1995年『セブン』8.6 1996年『ファーゴ』8.2 1997年『ライフ・イズ・ビューティフル』8.6 1998年『プライベート・ライアン』8.6 1999年『ファイト・クラブ』8.9 2000年『メメント』8.5 2001年『ロード・オブ・ザ・リング/旅の仲間』8.8 2002年『ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔』8.7 2003年『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』8.9 2004年『エターナル・サンシャイン』8.4 2005年『バットマン ビギンズ』8.3 2006年『ディパーテッド』8.5 2007年『イントゥ・ザ・ワイルド』8.2 2008年『ダークナイト』9 2009年『イングロリアス・バスターズ』8.3 2010年『インセプション』8.8 2011年『最強のふたり』8.6 2012年『ウルフ・オブ・ウォールストリート』8.5 2013年『ジャンゴ 繋がれざる者』8.2 2014年『インターステラー』8.7

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング