「ワイルドスピード」最新作の悪役はシャーリーズ・セロン

WEB女性自身 / 2016年4月8日 13時0分

写真


Fast   Furious / Facebook
 
『ワイルド・スピード SKY MISSION』に続くシリーズ最新作『Fast and Furious 8(原題)』に、シャーリーズ・セロンが出演することがわかった。
シリーズのオフィシャルFacebookページに今朝未明、「次の映画で、我々クルーはかつてないほどの素晴らしい敵と対峙することになるでしょう。シャーリーズ・セロンを『ワイルド・スピード』ファミリーに迎えたのですから」という告知が書き込まれた。
『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のフュリオサ役で新境地を切り開いたセロンがどのようなヴィランに扮するのか、現時点で詳細は明らかになっていない。
最新作はジェームズ・ワンに代わり、『交渉人』『ストレイト・アウタ・コンプトン』のF・ゲイリー・グレイが監督を務める。キャスト陣には、ヴィン・ディーゼル、ドゥウェイン・ジョンソン、ミシェル・ロドリゲス、タイリース・ギブソンらお馴染みのメンバーが顔を揃えている。公開予定は2017年4月14日。
グレイ監督は昨年アメリカと国交を回復したばかりのキューバにもロケハンに赴いており、今年初めには両国政府を交えた交渉が行われているという報道が出ていた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング