デーモン閣下 肖像無断使用でNHKから謝罪があったと明かす

WEB女性自身 / 2018年3月28日 19時0分

写真


 
歌手のデーモン閣下が3月28日、ブログを更新。自身の肖像が無断使用された件でNHKから謝罪があったことを明かした。
 
NHKは27日、Eテレアニメ『ねこねこ日本史』の公式サイトに「本来であれば、同キャラクターに上記顔の模様及び扮装を施した上で登場させること及び演出方法等について丁寧に相談等しながら進めるべきところ、これを欠いたことにより、デーモン閣下、関係者の皆様に大変ご迷惑をおかけしました」と謝罪。
 
これに対しデーモン閣下は「番組制作側は今回の件を真摯に受け止めているとのことである。吾輩もこの対応を評価している」とNHKの対応を評価。
 
さらに、「今回の件での反省点を生かし今後、吾輩に限らず、あらゆる同種の権限を侵さないことに留意した、配慮と誠意のある番組作りおよび番組宣伝、番組に関与する販売物の制作にいそしんでもらいたいと思っている」とつづった。
 
『ねこねこ日本史』はさまざまな歴史上の人物たちがネコになって登場するアニメ。2月28日放送回では「デーモン風高杉」とのキャラクターが登場。デーモン閣下は3月15日にブログで「吾輩の肖像が吾輩に何のことわりもなく使用されている」と怒りをにじませ、NHKからの誠実な対応を求めていた。

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング