じんましん、湿疹…「大人のアレルギー」に勝つ秘策は

WEB女性自身 / 2013年6月17日 7時0分

「全身にじんましんと湿疹ができて、つらいです。子どものころはなんともなかったのに……」(30半ばの女性)。聞けば、周りのアラフォー女性の間でも似たような症状が頻発。これは珍しいことではなく、最近は、大人になってからアレルギーを発症する女性が増えています。
 
「原因として、もっとも考えられるのはストレス。ただでさえ、女性は40歳を境に自律神経の働きが乱れ、血流が悪化します。それに合わせて腸内環境も衰えますが、腸内環境が悪いと、アレルギーのもとになる『IgE抗体』が血液中に増える傾向があるのです。そこに、さらにストレスが加わることで、発症の引き金となるのです」
 
そう話すのは、「診察5年待ち」といわれる順天堂大学教授・小林弘幸先生。ストレスは副交感神経の働きを衰えさせ、血液の質を悪くし、免疫力そのものを下げてしまう。子どものころにアトピー体質だったわけでもないのに、疲れたときにじんましんや湿疹が出るのはその代表例。こうした発疹は、「昨日は脚、今日は腕」と、血流が滞っている部位に起きやすいという。
 
「アレルギー体質は遺伝も関係していますので、簡単に克服できるものではありません。しかし、ハウスダストやダニなど、アレルギーの原因になりうるものは遠ざけ、部屋は清潔に保ちましょう。また、ストレスから上手に逃げることも自己防衛のひとつ。規則正しい生活も、免疫力を高めるポイントです」(小林先生・以下同)
 
さらに体質の改善をはかるなら、腸内環境の改善を。腸に刺激を与えることで、アレルギーのもとになるIgE抗体の生産を抑え、血流もよくしていこう。
 
「腸の環境をよくするには『ひねり』が大切なので、最近はやりのフラダンスやヨガなどを習うのもいいですね。ストレス解消にもなって一石二鳥です。両足を開いて立ち、腰に両手を当て、腰を左右にひねる、腰を左右に振る――これだけでも効果的なので、習い事に行く余裕がない方も、気分転換にお試しください」

女性自身

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング