イン・シンクのランス・バスがゲイの恋人と婚約

WEB女性自身 / 2013年9月2日 0時0分

写真



(C)Lance Bass / Instagram
 
男性ボーカルユニット「NSYNC(イン・シンク)」のメンバー、ランス・バス(34)が、男性の恋人と婚約したことを発表した。
 
相手は2011年から交際している俳優・モデルのマイケル・ターチン。バスが「YESって言ってくれたよ! 愛してる!」というコメント付きで左手薬指に婚約指輪をはめたターチンとのツーショット写真をInstagramに投稿すると、およそ6時間で13,000件余りの「Like」が寄せられた。
 
この写真がポストされる前に、ターチンはTwitterで「僕はこの世でいちばん幸せな男だ :)」とつぶやき、勘の良いフォロワーが「ランスがプロポーズしてくれたの?」とリプライする一幕も。
 
「彼らは本当に最高のカップルだよ。みんなを幸せな気分にさせてくれる。友達も家族もワクワクしてるよ」と、関係者はUS Weeklyの取材に応えてコメントした。
 
バスは2006年にPeople誌上でゲイであることをカミングアウト。その直後から、リアリティ番組『アメージング・レース』第4シーズンの優勝者ライヒェン・レームクールや、ブラジル人モデル、ニューヨーク在住の美容師らと立て続けに交際し、そのいずれもが短期間で破局している。
 
イン・シンクは現在活動を休止しているが、先週末に開催されたMTV Video Music Awardsで10年ぶりとなるパフォーマンスを披露し、注目度が高まった矢先のこの発表。ターチンの知名度アップにも大いに貢献したのではないだろうか。

女性自身

トピックスRSS

ランキング