本山なみ 大胆フルヌード披露へ意気込み「前貼りなしで…」

WEB女性自身 / 2013年9月7日 0時0分

写真


9月7日、映画『うそつきパラドクス』の初日舞台挨拶が都内で行われ、ヒロインを務めたグラビアアイドルの本山なみ(22)、相手役の真山明大(24)らキャスト陣が登場した。 
原作は雑誌「ヤングアニマル」(白泉社)に連載された人気コミック。会社員の栖祐(本山)が遠距離恋愛中の彼氏の代わりに同僚の八日堂(真山)と
“嘘の恋人関係”を始めるというストーリー。
水着にエプロンというセクシーな衣装で登場した本山は「上京して1年ちょっとですが、まさかこのような姿でこの場に立つなんて……」と困惑と喜びを交えて挨拶。演技については「初めての演技だった分、監督からも『ナチュラルさを重視したいからそのままでいい』と言われました」と振り返った。
劇中でフルヌードを披露するなど、体当たりの演技に挑んだ本山。「本当に感じている姿を見せたかったので、前貼りなしで臨みました。役として必要なことなら女優として演じるべき」と意気込みを語った。いっぽうの真山も「あっさりできましたよ」とコメント。「撮影しながらコミュニケーションを重ねてきましたから」と本山との共演を楽しんだ様子だった。
Ⓒきづきあきら+サトウナンキ/白泉社・バップ

女性自身

トピックスRSS

ランキング