パンケーキも? 朝食に食べてはいけない食品はこれだ

WEB女性自身 / 2013年11月25日 11時0分

写真


Fitnea
日本は今や空前の“朝食”ブーム。特にパンケーキの人気は衰えるところを知らず、雨後のタケノコのようにパンケーキを出す店が乱立しつつある。言うまでもなく1日の食事の中でも朝食の重要性は群を抜いている。朝に何を食べるのか——まさにそれが1日の気分や行動を左右するのだ。毎朝健康的な朝食を摂ることにより、がんや糖尿病などの病気にかかるリスクを減らすことも可能だという。また逆に、健康のために朝、決して食べてはいけないものもあると米国の健康情報サイト「Fitnea」が紹介している。朝食に食べてはいけないもの。その筆頭は、ベーコンやハム、ソーセージといった加工肉だ。加工肉には硝酸塩が含まれており、これは直腸がんの原因となる。がんを専門に研究する「The Institute of Cancer Reserch」が発表した「がんのリスクを減らすためにすべきこと」というリストのトップには「硝酸塩を摂取しない」ことが挙げられている。次に、砂糖がけのシリアルだ。牛乳をかければおいしく手軽に食べられるため、忙しい朝には打ってつけだと思いきや、これはGI値の高い炭水化物と糖の塊。つまり、血糖値を急激に上げ、その後一気に下げてしまうのだ。血糖値の急激な上昇は強い眠気を誘い、午前中の行動に支障を来すほか、老化促進物質を生み出したり、糖尿病のリスクを上げたりと、利点は皆無。食物繊維やタンパク質が含まれたシリアルに変え、クルミなどを加えて食べるようにしよう。そして、人工メープルシロップ付きの冷凍パンケーキも実に良くない。天然のメープルシロップはミネラル豊富で血糖値も上がりにくく、砂糖に比べてカロリーも低いという優れた甘味料だ。しかし、値段が高いためフルクトースコーンシロップ(ブドウ糖果糖液糖)を使った人工のものも多く出回っている。このフルクトースコーンシロップを摂ると、腹部の脂肪や内臓脂肪へと変わり、糖尿病とがんのリスクを跳ね上げるという。炭水化物であるパンケーキに、こういった粗悪な甘味料をかけて食べることは、上記の砂糖がけシリアルと同様か、それ以上に悪影響を及ぼすことに繋がるのだ。どうしてもパンケーキが食べたいときは、ハチミツや天然のメープルシロップをかけると良いだろう。

女性自身

トピックスRSS

ランキング