問題行動続出のラマー・オドム、離婚に際し妻に10億円と指輪の返還を要求

WEB女性自身 / 2013年11月28日 11時0分

写真


ExtraTV
薬物問題や失踪など、最近何かと話題のNBA選手ラマー・オドムが、ついに妻のクロエ・カーダシアンに愛想を尽かされたようだ。度重なる問題行動をパパラッチの目から守り、ドラッグに溺れる夫を支えてきたクロエに対しさぞかし手厚い慰謝料を払うのかと思いきや、National Enquirerによると、ラマーはなんと大金を要求してきたという。クロエと彼女の母クリス・ジェンナーが離婚協議に入るために弁護士に接見した後、ラマーからの要求が突きつけられた。それは離婚に際し、和解金と口止め料として1,000万ドル(約10億2,000万円)を払え、という驚愕の内容だった。「クロエはラマーに対し、カーダシアンファミリーとの生活について、いかなる情報も漏らさぬよう秘密保持契約の締結を申し入れましたが、お金が払われない限り、彼は一切のサインをしないそうですよ」と関係者はコメント。この「秘密」には夫婦の性生活も含まれているようだ。ラマーは2人のセックステープをエサに、クロエの評判を貶める用意が出来ている、と脅迫めいたことを口にしたとか。こればかりか、ラマーはクロエに贈った87万5千ドル(約8,900万円)の婚約指輪の返還まで求めているという。かつてのNBAのスター選手も落ちるところまで落ちてしまった。このような情けない姿を、ファンは決して目にしたくはなかっただろう。誰も幸せになることのない泥沼の離婚劇が幕を開けた。

女性自身

トピックスRSS

ランキング