「ビッツサンド」CMの元気でかわいいあのコの素顔

WEB女性自身 / 2013年12月6日 7時0分

山盛りの宿題、道に迷った、洋服に悩んで……。困っている女のコに、妹が『ビッツサンド』(ヤマザキナビスコ)を差し出して励ますCM『元気復活!』篇。そして、女のコが友達と公園のボートを楽しむも、こぎ手になってしまい、なかなか『エアリアル』(同)を食べることができないCM『ボートでみんなとエアリアル』篇。2つのCMに出ている元気いっぱいの女のコ、じつは同一人物なのだ。
 
「等身大のキャラクターが製品のコンセプトとマッチしていると考えたため」(CM製作担当者)と起用されたのは、葵わかな(15)。女優として映画『陽だまりの彼女』(’13年)などに出演するほか、ポジティブな“2軍”中学生アイドルユニット『乙女新党』のメンバーとしても活躍している。
 
「CMのお話を聞いたときは、すごくびっくりして。マネージャーさんに本当に私なのか、間違いじゃないのか、何回も確認してしまいました(笑)。『ビッツサンド』の撮影は、カラフルな衣装が印象的でした。私も小学6年生の妹がいるのですが、妹役の子は小学2年生。思ったより小さくて、ちょっと緊張したりもしました。でも、最後はとても仲よくなれたし、かわいかったです!」(葵・以下同)
 
前出の担当者いわく、現場では妹役の女のコを「がんばろうね」と、気遣う場面もあったそう。また『エアリアル』のCM撮影中には、カメラの回っていないところでも、商品をずっと食べていたとか。
 
「どちらの撮影も、とても楽しくて、気分もハッピーになりました!」
 
かわいらしい彼女の、今後の活躍にも期待です!

女性自身

トピックスRSS

ランキング