滝沢秀明「皆さんのハートを盗みます」21世紀版“ねずみ小僧”になる

WEB女性自身 / 2013年12月16日 0時0分

12月16日、NHK時代劇ドラマ『鼠、江戸を疾(はし)る』の試写会が都内で行われ、主演の滝沢秀明(31)らが登壇した。
滝沢は役を演じるにあたって、「やるからには新しいねずみ小僧、そして平成のねずみ小僧を作りたい気持ちで挑んでいきます。皆さんのハートを盗めるように頑張っていきたいです」と意気込みを語った。また、昼と夜の二面性のある役柄については「男らしいイメージですね。遊び人だったり、かっこよかったり、だらしなかったり……男を象徴するような男性像。共感できる部分が多いと思います」とコメント。
本作は、赤川次郎氏の同名小説をドラマ化。脚本は大河ドラマ『風林火山』を手掛けた大森寿美男氏がつとめ、演出は、大河ドラマ『義経』の黛りんたろう氏、映画『のだめカンタービレ』の川村泰祐氏、NHKドラマ『妻は、くノ一』の山下智彦氏が手がける。
※時代劇『鼠、江戸を疾(はし)る』2014年1月9日スタート、毎週木曜20時~(NHK総合)

女性自身

トピックスRSS

ランキング