マイリー・サイラス、フォトグラファーに撮影を拒否される

WEB女性自身 / 2014年1月10日 11時0分

写真


MARC JACOBS
お騒がせアーティスト、マイリー・サイラスがNYのファッションブランド「MARC JACOBS(マーク・ジェイコブス)」の2014年春のキャンペーンモデルを務めている。今週、最新の広告ビジュアルが公開されたが、いつものMARC JACOBSのカラーとは少々異なるようだ。それもそのはず、ずっと撮影を担当してきたドイツ人フォトグラファー、ユルゲン・テラーがマイリーを撮ることを拒否したからだ。「彼は彼女を、とにかく撮りたくなかったんだよ。僕が思い描いていた画は、不機嫌で思い悩んでいる表情の2人の女の子がいるビーチ。そこにマイリーがいたらクールだと思ったんだ」頑としてマイリーの撮影を拒否するテラーの代わりに、ジェイコブスはデイヴィッド・シムズという名の別のフォトグラファーを手配。このようなトラブルに見舞われながらも、ジェイコブスは「長年、ユルゲンと仕事をしてきたし、アーティストとして彼を愛しているよ」と話し、マイリーの登場しない広告ビジュアルに関してはテラーが引き続き撮影を行っているという。テラーはもっとも成功したファッションフォトグラファーの1人として知られる。キャリアを棒に振るかもしれないリスクを冒してまで、撮影を拒否したということは、昨今の下品とも言えるマイリーのパフォーマンスに嫌悪感を抱いたのか、はたまたマイリーとの間に何か“事件”があったか……そんな邪推が頭をよぎる。マイリーはジェイコブスと親しい友人関係にあり、レッドカーペットでジェイコブスのドレスを選ぶことも多い。今回の件について、現在のところマイリー側から一切のコメントはない。

女性自身

トピックスRSS

ランキング