窓越しの撮影には“雨女”が影響して…進研ゼミCMの舞台裏

WEB女性自身 / 2014年1月16日 7時0分

自宅で勉強している高校生の女のコを、向かいに住む同級生の男のコが窓越しに見つめるーー。そんな、ありそうで、なかなかないシチュエーションに、ちょっとドキドキしてしまうCMが、進研ゼミ高校講座(ベネッセコーポレーション)の『映像つきテキスト』篇だ。
 
現在、進研ゼミは、スマートフォンやタブレットで授業の映像を見ながら勉強できるという、新しい勉強方法へと生まれ変わっている。CMでは、仲のいい幼なじみがその新しい勉強方法を取り入れ、少し進んでいる姿を描くことで、進研ゼミ高校講座の進化を伝えているという。
 
CMに出演しているのは、男のコが森永悠希(17)、女のコが宮武美桜(17)。宮武にとっては、これが初めてのCM出演になった。
 
「知的で、大人っぽい印象を持っていることから、出演が決定しました。また、幼なじみの様子が気になってしまう男のコ役には、演技力の抜群な森永さんを起用しました」(同社高校生事業部・進研ゼミ高校講座CM担当)
 
ふだんからスマホを使用する時間が多い宮武は、撮影中も実際に、進研ゼミの映像を見て勉強していたそうだ。また彼女は自分でも認める『雨女』だそうで、撮影初日はやはり、雨に見舞われた。共演した森永が語る。
 
「僕は大阪に住んでいるので、張り切って東京へ撮影に来たんですが、初日の天候は悪くて……。結局、その日は撮影せずに終わってしまいました」
 
遠くの会場まで足を運ぶ受験生のためにも、試験当日は晴れてほしいものです!

女性自身

トピックスRSS

ランキング