東大料理愛好会が教える「頭のよくなるお夜食」

WEB女性自身 / 2014年1月27日 16時0分

「集中力や記憶力アップのもとになるカルシウム、DHAといった栄養素は、ふだんの食事では不足しがち。だからこそ、3食のほかに、おやつでも補っていきましょう」
 
そう話すのは、『東大料理愛好会』の代表を務める宮崎拓真さん(20)。東京大学教養学部の2年生、現役の東大生だ。このサークルでは東大のほかにも、さまざまな大学から料理好きの学生が集まり、頭がよくなる栄養素を使った『脳力アップ』のためのレシピを考案している。2冊目となるレシピブック『アタマとカラダが冴える! 東大おやつ教室』(新潮社)も出版された。
 
「栄養素は、薬学部のメンバーが学術論文を読んで、下調べしています。そのうえで、何十種類と試作したレシピの中から、実用的で、おいしいものを選んで、掲載しています」(宮崎さん・以下同)
 
まさに、東大生の頭脳を結集させたレシピといえそう。そこで今回、受験を直前に控えた子供たちのため、本の中から『頭のよくなるお夜食』レシピをご紹介。
 
【塩麹ハンバーガー】
材料・2人前/ハンバーグ《合いびき肉…100g。豆腐(木綿)…1/2丁。玉ねぎ…1/2個。塩麹…大さじ1。こしょう…適量》。レタス…2枚(半分にちぎる)。とろけるチーズ…2枚。トマト(スライス)…2枚。マヨネーズ…大さじ2。塩麹…小さじ2。バンズ…2個。サラダ油…適量。ビクルス…お好みで。
作り方/1.ハンバーグを作る。ボウルにひき肉と塩麹を入れて混ぜる。2.1にみじん切りにした玉ねぎと、豆腐をつぶしながら入れてよく混ぜる。こしょうを加えてさらに混ぜ、しっとりとしてきたら、少し寝かせる。3.2を2等分し、バンズの大きさに応じて丸く整え、真ん中をへこませる。4.フライパンにサラダ油を強火で熱して、3を入れる。焼き色がついたらひっくり返し、中火にして蓋をする。焦げないよう注意しながら中まで火を通して、皿に取っておく。5.バンズは横半分に切り、トースターで3分ほど焼く。6.5の内側にマヨネーズを塗り、レタス、ハンバーグをのせ、塩麹を塗る。さらにチーズ、トマト、レタスを重ねてバンズをのせる。お好みでピクルスを添える。
 

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
女性自身

トピックスRSS

ランキング