ジョン・トラボルタ、アカデミー賞授賞式での“大失態”に「1日中自分を責め続けた」

WEB女性自身 / 2014年3月5日 0時0分

米国時間2日に開催された第86回アカデミー賞授賞式。本国で空前の大ヒットとなっている『アナと雪の女王』が、長編アニメ映画賞と歌曲賞をダブル受賞した。
 
手に触れたものを凍らせてしまうという呪われた力を生まれながらにして持つエルサは、妹・アナを傷つけることを恐れるあまり、感情を抑え込み、人とのふれ合いを避けるように部屋に閉じこもり孤独な生活を送る。しかし、数年後、感情を爆発させてしまったエルサは北方に氷の城を建てて、自らを解き放ち、ありのままに生きていく決意をする。このときのエルサの心情を表したのが、主題歌「Let it go」だ。エルサ役として声優も務めたイディナ・メンゼルが歌うこの楽曲は一度聴けば忘れられない印象的なメロディで、ノミネートされた段階からほぼ受賞は確定視されていた。
 
受賞式では、メンゼルが「Let it go」を披露するパフォーマンスを行ったが、その直前にステージで彼女を呼び込んだのがジョン・トラボルタだった。しかし、あろうことかトラボルタは、「さあ、それではお迎えしましょう。恐ろしく才能に恵まれた、アデール・ダズィームです!」と原形を留めないほど名前を派手に間違えてしまったのだ。
 
トラボルタはCNNの取材に対し、代理人を通じて以下のような声明を発表した。
 
「私はあの日、1日中自分自身を責め続けていました。それから考えたのです。何を言ってもイディーナ・メンゼルは『Let it go, let it go(放ってほいて、放っておいて)!』と言うんじゃないかなと。イディナは信じられないほど才能に溢れています。『アナと雪の女王』がオスカーを2つ持ち帰ることができて本当に嬉しいです」
 
この言い間違いはネットの一部では大受けし、Slate.comには「The Adele Dazeem Name Generator」というジェネレータも登場した。これに名前を入力すると、トラボルタならきっとこう間違えるだろうという名前に変換してくれる。試しに、今大人気の羽生結弦選手の名前を Travoltify(トラボルタ化) してみると、「Haroon Yoing」と変換された。

 













 
トラボルタ化はこちらから
http://www.slate.com/
 
 

女性自身

トピックスRSS

ランキング