再会率は3割…女性たちが“既婚の元カレ”と会う理由

WEB女性自身 / 2014年3月14日 7時0分

もし昔の恋人と再会したら、あなたは淡い恋の思い出を記憶の引き出しにとどめておくことができるだろうか。結婚準備クチコミ情報サイト「ウエディングパーク」の調査に寄ると、未婚女性の約8割、既婚女性の約6割がSNSを利用して元カレの投稿内容をチェックしたり、メッセージや友人申請を送ったことがあるという。
 
「元カレはデキ婚で、もう結婚してたんですよ」と悔しそうに語るのは、未婚の堀内恵さん(28)。2年前、過剰な束縛がイヤで別れた彼氏は15歳上で43歳。再会したのは今年おこなわれた地元の新年会だった。
 
「帰りの車内で2人になって、性生活の話になったんです。『お前とのセックスがよすぎて、ほかの女とするときにゴムをつけるとイケなくなった』と。だから『お前ともう1回したい』って。私も彼氏がいなかったし、そのまま車でラブホテルに。向こうは『やっぱりお前が最高!』とテンション高かったですが、正直、あまりよくなかった。その後も頻繁に連絡きましたけど、全部無視」
 
「元カレはよく行く飲み屋の常連さん。つき合った期間は半年。2〜3年たって友人から皆で飲もうと誘われて再会しました」と話すのは、都内のデザイン事務所に勤務する加賀奈江さん(33・未婚)。40歳の元カレは結婚もして彼女にも彼氏がいたのに、なぜ?
 
「つき合ってたカレがあまり性欲がない人で。元カレも奥さんとセックスレスみたいな話で盛り上がって……。飲み会が終わった次の日には《妻には出張行くってウソついてホテルとるから、一緒に泊まろう》ってメールがきました。断るのも悪いから、まあいいかなって。その後も何回かは泊まりましたが、『あまり出張が続くと妻にバレちゃう』と言いだして……いま迷ってます」
 
浮気&デキ婚されても元カレに未練があった芦田尚子さん(42・バツイチ・子持ち)。破局から5年後、自身の結婚を機に元カレから電話が。そして飲みに行くことになり、定期的にラブホ→終電帰りの関係になったという。
 
「『よかった〜。番号変わってなくて』って。昔は自宅で、テレビの野球を観ながらエッチされて怒ったこともありましたが、ラブホで浮気相手となると一生懸命頑張るみたい。当時の夫には悪いことをしたとは思いましたが、姑の愚痴でもなんでも受け入れてくれるので心の拠りどころができた感じ。子供が生まれてからは会わなくなりましたが、離婚してシングルマザーになった今も、彼の携帯番号は消せないんです」
 
若かりしころ、甘く切ない思い出を共有したあなたの元カノも、この春、再会を待ち望んでいるかもしれない――。
 
(週刊FLASH 3月25日号)

女性自身

トピックスRSS

ランキング