リアム・ギャラガー、浮気・隠し子で2度目の離婚

WEB女性自身 / 2014年4月10日 0時0分

写真


The Guardian
 
 
元オアシス、現ビーディ・アイのリアム・ギャラガーが、妻ニコール・アップルトンに三行半を突き付けられた。The Guardianによると、ロンドンの最高裁判所で離婚の仮判決が下されたのは、わずか68秒の聴取の後だったとか。
 
昨年7月、ギャラガーは音楽ジャーナリストの女性から、子供の父親だと名指しされ訴訟を起こされており、アップルトンは、この件をを理由に離婚を申請。その時期から夫婦は別居していた。結婚は修復の可能性がないほど完全に破綻しており、夫の不貞を示す証拠も揃っていることから、アップルトンには離婚する権利があると判事は裁定した。ギャラガー側は反論することもなく判決を受け入れ、訴訟費用を支払うことに同意したという。
 
オール・セインツのメンバーだったアップルトンとギャラガーは2000年に出会い、2008年に結婚。交際期間中に息子が生まれ、現在12歳になる。最初の妻でシンガーのパッツィ・ケンジットとの間に男児が1人、その婚姻期間中の浮気により生まれた娘が1人、そして昨年の訴訟で明らかになった隠し子が1人。すべて母親の違う4人の子の父となったギャラガーだが、相手の女性も子供たちもすべて、彼の元から去ってしまう結果となった。
 

女性自身

トピックスRSS

ランキング