五輪、SMAP、AKB48…国立競技場を彩った感動の歴史

WEB女性自身 / 2014年6月7日 7時0分

これまで多くの感動の舞台となってきた 聖地 国立競技場が、 20年の東京オリンピックに向けた改築のため解体され、56年の歴史に幕を下ろす。数々の熱狂を演出してきた、その光り輝く歴史を振り返ってみた。
 
【 58年 アジア大会のメイン会場として誕生】落成式では岸信介首相が挨拶をした。
 
【 64年 アジア初のオリンピック開催】東京五輪のメイン会場では、開・閉会式、陸上が行われた。開会式7万2千人で埋まった国立競技場の上空に五輪マークが描かれた。
 
【 80年代 高校生イレブンの聖地で数々の熱戦が!】高校サッカーの頂点もこの舞台で。 80年代には人気と実力を兼ね備えた学校を目当てにファンが殺到した。
 
【91年 カール・ルイスの世界記録】世界陸上も開催。100メートルではカール・ルイスが世界記録を。
 
【 93年 Jリーグ開幕】約6万人の観客を集めて開幕式、ヴェルディ川崎対横浜マリノス戦が。
 
【 96年 世界3大テノール共演】初の洋楽コンサートは、カレーラス、ドミンゴ、パヴァロッティの共演。S席7万5千円の高額チケットも6万人が美声に酔いしれた。
 
【 05年 単独アーティスト初公演はSMAP】「国立だよ、国立」(香取慎吾)、「すごい場所だよね」(木村拓哉)とメンバーも大興奮。
 
【 07年 ドリカムも単独公演】史上2組目の単独公演は「DREAMS COME TRUE」。気球での登場、アーティスト初の聖火点灯と6万人の観衆を興奮の渦に巻き込んだ。
 
【 08年 最多公演は嵐】史上3組目の単独コンサートを行った嵐。その後、6年連続で開催した『アラフェス』は夏の風物詩に。15回公演はアーティスト最多。
 
【 09年 石原裕次郎23回忌法要】昭和のスターの法要では 裕次郎寺 が建立。僧侶120人、コーラス隊300人に11万人ものファンが。
 
【 12年 8万人動員ライブ! ラルク アン シエル】フィールドもファンで埋めつくされたロックバンド初のライブ。今春もライブが行われ、史上最多となる2日間16万人が動員された。
 
【 14年 聖地で踊った、歌ったAKB48】7万人を動員したコンサート。翌日も大島優子の卒業セレモニーを含む公演の予定だったが雨天で中止に。

女性自身

トピックスRSS

ランキング