酒井法子 復帰後3カ月…仕事のない日はジムと”禅寺修行”

WEB女性自身 / 2013年3月12日 0時0分

「お寺に入っていく女性が酒井さんだと、すぐにわかりましたね。慣れた様子からも、何度か来たことがあるような感じでした。ほぼすっぴんっだったと思いますが、やっぱりオーラがありましたよ」(居合わせた女性)

3月初旬の午後、都内にあるお寺に2人連れの女性が入っていった。そのうちの1人は酒井法子(42)だ。パーカにショートパンツとタイツを合わせた装いで彼女が訪れたのは、禅宗のお寺。そこでは定期的に坐禅や講話会も開催されている。

「そのお寺は、坐禅会でたくさんの参加者を集めることでも知られています。有名なお坊さんが何名かいらっしゃって、仏教書を書いたりなどもされているんです。そのうちのお1人がかつて出した入門書は、30年前の仏教書ブームのきっかけになったといわれています」(芸能レポーター・川内天子さん)

’09年に覚せい剤取締法違反で起訴され、東京湾岸署に勾留されている間、酒井は弁護士が差し入れた瀬戸内寂聴さん(90)の小説を読んでいたとも報じられた。復帰後のいまもなお、彼女にとって仏教の教えが心のよりどころなのだろうか――。昨年11月に執行猶予が明け、直後に舞台主演こそはたしたが、その後は大きな仕事も聞こえてこないままだ。

「ドラマや映画など、オファーはいくつか届いてはいるようですが、具体的な話にまではなっていないようですね」(テレビ関係者)

 芸能界復帰はかなったが、仕事面では想像以上に苦戦しているのが現状。そんな思い通りにいかないもどかしさが、仏の教えにすがろうという気持ちを彼女に起こさせたのかもしれない。

静かなお寺に1時間ほど滞在した彼女たちが次に向かった先は、うってかわってアクティブなスポーツジム。連れ立っていた女性とここで別れると、彼女は1人で館内へ。この日は2時間ほどみっちり汗を流してから、ジムを後にした。

「酒井さんは、週に2~3回は来ていますよ。最近はマスクやサングラスもしないで通っていらして、顔見知りのトレーナーさんや会員たちとも気さくにあいさつを交わしていますね」(ジムの会員の女性)

穏やかな日差しの午後、すっぴんでの”禅寺修行”とジムワークで心身を鍛えていた酒井。復帰後の彼女に、春の訪れはまだ遠いようだ――。

女性自身

トピックスRSS

ランキング