中谷美紀 アカデミー賞女優に流暢なフランス語で感動を伝える

WEB女性自身 / 2013年3月26日 0時0分

写真

3月26日、都内で映画『君と歩く世界』ジャパンプレミアが行われ、監督のジャック・オディアール(60)、主演を務めた女優マリオン・コティヤール(37)が出席した。また特別ゲストとして中谷美紀(37)も登場し、2人に花束を贈呈した。

過去にはアカデミー賞主演女優賞を受賞しているマリオン。「みなさんこんにちは。この時期の日本に来られて嬉しいです。桜の花を見ることができてよかったです」と挨拶し、作品については、「この役、作品に出会えて本当に嬉しい。自分は世界で一番幸せな女優であると思う」と話した。

マリオンと同い年の中谷は彼女についてコメントを求められると、「とても強い印象を受けました」とフランス語でコメント。続けて「同い年にもかかわらずこんなに素敵な女性がいるということは、とても刺激になる。この作品で心のままに演じる姿に心打たれました」とマリオンをたたえた。

するとマリオンは「言葉にならないくらい嬉しい。日本を代表する女優さんにそう言っていただけるのは大変光栄」と感激し中谷にハグする場面もあった。

(撮影/鈴木鍵一)

女性自身

トピックスRSS

ランキング