三浦春馬 BMX特訓秘話「撮影の合間も傷を作って練習を…」

WEB女性自身 / 2013年6月6日 7時0分

 ドラマ『ラスト・シンデレラ』(フジテレビ系)に、BMXライダー・佐伯広斗役で出演中の三浦春馬(23)。彼のBMX指導をしているのは、プロBMX(競技用自転車)ライダーの米田大輔さん(23)。ダニエルというニックネームをもつ人気選手だ。

「春馬くんは、事前に僕の競技映像を見ていたらしく『BMXのダニエルくん! よろしくね』と言ってくれました。その日、初めて彼はBMXに乗ったんですが、両輪を空中に上げてジャンプする技を10分くらいでできるようになって、びっくりしました。運動神経がすごくいい」(米田さん・以下同)

 三浦は撮影の合間も練習に励み、ヒジを擦りむいて現場に現れたこともあった。

「撮影の前日、少しでもうまくなりたくて1人で練習したらしく『こけちゃったよ』と悔しそうでしたが、僕はそれがうれしかったですね。BMXの練習では必ず転ぶので『いいね、僕たちの仲間だ!』と言って、僕は笑っていました。BMXシーンの撮影ではずっと朝から晩まで一緒で、春馬くんとは普通に仲間のような感じで接しています」

 米田さんは、指導だけではなく、広斗の友人役でドラマに出演している。

「いつもとは逆ですね。演技の指導を春馬くんにしてもらいました。彼は『ちょっと大げさなくらい声を張ってセリフを言ったほうがいいよ』とアドバイスをくれました。本番の後も『よかったよ』って。いつだったか、春馬くんに『この際、BMX続けてよ』と言ったら『すごいカッコいいと思うよ』って言ってくれた。ドラマが終わっても、プライベートで乗ってくれたらうれしいです」

女性自身

トピックスRSS

ランキング