神田うの ビッグダディ批判は「言いたいことを言っただけ」

WEB女性自身 / 2013年8月6日 0時0分

写真

8月6日、ムック本『バナナで10歳若返り!』出版記念イベントが都内で行われ、著者で料理研究家の藤井恵(46)と、同書でオリジナルメニューを紹介したタレントの神田うの(38)が出席した。

同イベントでは、バナナによる美容効果を紹介。離乳食から38年間バナナを食べ続けてきたという神田は「食べておいしいし結果もいいなんて、一石二鳥ですね」とコメント。

さらに、女優の黒木瞳(52)からも高級果物屋のバナナの差し入れをもらったことがあるといい、「60、70コ楽屋まで持ってきてくださったんです。袋もキレイで “バナナ様”になってました」というエピソードで会場を盛り上げた。

バナナによる美容効果のおかげで、海外では20代に見られるという神田。それでも「私も来年39歳。“うのちゃんでーす”なんてやっていた私が、もうアラフォーなんですね」とポツリ。記者から「38歳には見えない」と褒められるが、「みんな、こんなもんですよ。40代、50代、60代の先輩方、みんな若いです。自分が若いなんて、感じたことないですよ」と謙遜した。

また、6月13日放送の情報番組『ノンストップ!』(フジテレビ系)で、林田清志さん(48)の“ビッグダディ流子育て”を「こんな親はイヤ!」と批判したことについて聞かれると、「いつも言いたいことはその場で言うんです。その時に言いたいことを言っただけ」と話した。

(撮影/夛留見 彩)

女性自身

トピックスRSS

ランキング