百恵さん 手作りパワーストーンに込めた“願い”は…

WEB女性自身 / 2013年8月7日 7時0分

「デパートで、声が聞こえて振り返ったら、百恵さんがいたんです! バーゲンセール開催中で、たくさんの紙袋を両手に提げた百恵さんは、友人らしき女性と一緒でした」(居合わせた主婦)

 7月下旬、都内の有名デパートに姿を見せた三浦百恵さん(54)。買い物をすませた百恵さんは、愛車の助手席に友人を乗せ、自ら運転して帰っていったという。黒の半袖ブラウス、メガネをかけた百恵さんのファッションで、ひときわ目を引いたのがアクセサリーだ。

「胸元にはネックレス、左手にはブレスレットが輝いていました。どちらもパワーストーンじゃないでしょうか。モノトーンの服装にとても映えていましたね」(前出の主婦)

 百恵さんが身に着けていたアクセサリーについて、パワーストーンに詳しいスピリチュアルカウンセラーに聞いた。

「どちらも既成品ではなく、百恵さんの特注した手作りの一点モノでしょう。ネックレスの青い石はターコイズで、黒い不規則な模様が見えますから、本物の天然石だと思います」

 ターコイズは、魔よけとして知られ、心身の健康をサポートするパワーが宿るとされている。胸元という位置は“真実の愛”と関わりがあり、ネックレスとしてこの石を身に着けることで「家族など周囲の人に、より温かい愛を注ぐことができる」という。

「ブレスレットは水晶と、1月生まれの百恵さんの誕生石である赤いガーネットの組み合わせ。ガーネットには、血流を整えて健康にするパワーがあります。また、“変わらぬ愛”を持続させる力があるので、夫の友和さんといつまでも深い愛の絆で結ばれ、幸せな家庭を築きたいという願いが込められているはずです」(前出・カウンセラー)

 7月3日の『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)では、三浦友和(61)・百恵さん夫妻の二男で俳優の三浦貴大(27)が生出演していた。両親の夫婦関係について貴大は、こう語っている。

「僕から見ても理想の夫婦だと思います。2人とも映画が好きで、よく一緒に行っていますね、いまでも」

 さらに、百恵さんのよき母親ぶりについて明かした。

「母親は包容力があって、自由にさせてくれましたね。おふくろの味ですか? デカイお握りじゃないですか(笑)。いろいろな種類の料理を作ってくれましたから、ひとつというより全部、好きですね。学校の行事も、よく来てくれましたし、毎日お弁当を作ってくれたのが思い出です」

 32年間の専業主婦生活で、まさに夫のため、2人の息子たちのために“無償の愛”を捧げてきた百恵さん。

「百恵さんの2つのアクセサリーは、人を喜ばせるオーラに満ちあふれています。ご自身の幸せよりも、家族の幸せを願って、この石の組み合わせを選ばれたのかもしれませんね」(前出・カウンセラー)

女性自身

トピックスRSS

ランキング