黒木メイサ 産後初の舞台で的場浩司が絶賛する“座長ぶり”

WEB女性自身 / 2013年8月4日 0時0分

写真

 8月4日、舞台『「源平盛衰記」異聞 巴御前 女武者伝説』が初日をむかえ、主演の黒木メイサ(25)、共演の的場浩司(44)らが公演後に会見を開いた。

 昨年9月に第一子を出産して以降初めての舞台に臨んだ黒木だが、「安全にやれたかなと思います。出産したからといって何か違ったということはないです」と余裕のコメント。舞台『あずみ~AZUMI on STAGE』(’05年)でも共演した的場は「本当に成長しましたよ。こんなにアクションができる女優なんてほかにいません」と絶賛した。

 同劇団で座長を務めている黒木に対し的場は「誰に対しても面倒見がいいんです」と評価。黒木は「今回は私よりも年下の人がいて、“引っ張っていかなきゃ”という気持ちも生まれました」と振り返った。

 同舞台に登場する“タイムスリップ”にちなみ、「タイムスリップするなら過去か未来か」と聞かれた黒木は「先のことをあまり知りたくないので過去ですね。昭和のバブルのころを知りたいです」と笑顔で話した。

(撮影/河崎文雄)

女性自身

トピックスRSS

ランキング