おニャン子着用セーラーズ社長が語る突然の閉店のワケ

WEB女性自身 / 2013年8月17日 7時0分

’85年、当時人気絶頂だった『おニャン子クラブ』のメンバーが着用して大ブレイクした『セーラーズ』。水兵さんのキャラクターで親しまれ、ブーム後も根強いファンを獲得していたが、’99年のある日、突然閉店する。

 実は、社長の三浦静加さん(60)は46歳で出産するも、生まれた娘にはハンディキャップがあり、突然の閉店は、娘の育児に専念するためだった。表舞台から姿を消して13年、三浦さんが“空白の歳月”を初めて明かす——。

「(閉店時には)死亡説まで出たみたいですが、いたって元気です(苦笑)。今回、まずはセーラーズのファンの皆様や事情を知らずに心配してくださった方々に、心からお詫びしたいんです」

 そう言うと、三浦さんは長年、胸につかえていた石ころを吐き出すように顔をしかめた。1972年。セーラーズの前身でもあるジーンズショップ・ハドソンが開店。当初の売り上げはゼロか、ジーンズが1本。そんな生活を数カ月続けたころ、転機が訪れる。

 古道具屋で買った、小さな看板に描かれていた水兵をキャラクターにトレーナーを作ったところ、それが大ブレイク。わずか9坪で初年度28億円の売り上げをたたきだした。爆発的に売れたのは1年半ほどだったが、長年、月数千万円の売り上げをキープし続ける優良企業へと変貌を遂げていった。

 プライベートでは27歳でノンプロの野球選手と結婚。だが、すれ違いの毎日に溝が深まり離婚。仕事に精を出していたころ、運命の出会いが。バリバリ仕事をする男性に惹かれ、42歳のときに同居。住まいに笑顔が増えた。45歳で自然妊娠。じつはこのとき、事実婚の彼は、交通事故の後遺症でハンディを抱えていた。

 1999年5月15日。1773グラムの小さな生命が誕生した。だが産声は上げず、すぐに保育器の中へ。4日目。母子の対面の日。何本もの管でつながれた小さすぎる体に驚いた。名前は決めていた『静良(セーラー)エミー』。静加の静に、母・良子さんの良。もちろん店名のセーラーズとひっかけたもの。そして、2カ月後に退院。

「生後8カ月で、娘の異変に気付いたんです」。半年でお座りができていたのに、座らせるとすーっと横に倒れていく。不安がよぎった。すぐ病院に連れて行くと「成長には差があります。様子を見ましょう」とのこと。出産時、医師から「脳の運動機能の部分にダメージがある。将来寝たきりになることも考えられる」と言われたことが頭から離れない。そのため、毎月検診に通っていたのだ。

女性自身

トピックスRSS

ランキング