『あまちゃん』打ち上げで、あの主要キャストが“雄叫び”を

WEB女性自身 / 2013年8月20日 0時0分

 8月12日夜、高視聴率を維持するNHK朝の連続ドラマ『あまちゃん』の撮影終了を祝う打ち上げが開かれた。
 この日の主役、能年玲奈(20)は、開始15分前に会場入り。能年の姿を見つけた共演者の橋本愛(17)と有村架純(20)が駆け寄り、受付前は大盛り上がりだった。
「いちばん盛り上がっていたのは、脚本の宮藤官九郎さんや小泉今日子さん、尾美としのりさんたちがいたテーブル。みんなお酒が入って陽気で、終始笑いっぱなしって感じでした。7月13日に20歳になったばかりの能年さんも、『お祝いだ!』とばかりにみんなからビールやお酒をつがれて、嫌な顔もせず、顔を赤くしてましたね」(スタッフ)

 午後8時半過ぎにお開きとなった1次会。ここで「さぁ、2次会に繰り出すぞー!」と雄叫びを上げたのが、古田新太(47)だった。
「古田さんの掛け声に『おぉ~!』と歓声があがって、ほとんどの人が2次会に流れていきました」

2次会は、渋谷区内のクラブを借り切って行われた。
「2次会はまた違う出し物が用意されていて、楽しかったですよ。若手ディレクターが出演者たちの80年代の映像を編集して流したり、鉄拳さんは得意のパラパラ漫画の『あまちゃん編』をこの日のために作って披露してくれました。能年さんや渡辺えりさんが、あまちゃんバンドをバックに生歌を披露した時は盛り上がりました」(前出・スタッフ)

 誰もが別れ難かったか、お開きになったのは、午前0時近くだった。
「最後、福士蒼汰くんとキョンキョン、能年さんの3人が一本締めをしました。能年さんが、“やっぱり『あまちゃん2』をやりたいです!”と宣言すると、出演者もスタッフも大喝采。彼女が本当に『あまちゃん』を愛して、努力してきたとみんなわかっているからでしょうね」(前出・NHK関係者)
 ぜひ実現させてほしい。

女性自身

トピックスRSS

ランキング