『電波少年』ロシナンテ。今は一匹“男やもめ”に

WEB女性自身 / 2013年8月23日 7時0分

『電波少年』が放送終了して早10年。当時番組に登場し、国民的人気者となったロバのロシナンテは現在、北海道・帯広にある花畑牧場で暮らしている。16歳のロシナンテは、人間の年では50歳くらいの壮年期だと言うが……。

「実は11年も連れ添った奥さんのリンリンが、肺炎で2年前に死んだんです。当時はリンリンを探してウォンウォン鳴いたり、寂しそうにボーッとしている時期もあったのですが、ようやく大丈夫になってきました」

 そう教えてくれたのは、’04年にロシナンテが来てからずっと飼育を担当している玉田義寛さん。リンリンとは、『電波少年』の企画でお見合い結婚した相手だ。

「ロシナンテは去勢していますから、子どももできませんでした。リンリンがいなくなって、性格的にも少しおとなしくなったかもしれません。毛も薄くなって白髪も出てきたので、白っぽくなりました。平日は好きなときに寝て、好きなときに食べ、のんびりしています。健康的にも問題ありませんし、長生きしそうですよ」

 ロシナンテは土日祝、牧場で行われる1日2回のショーにも出演。“お手”をマスターしているロシナンテは、黄色い声援や喝采でご機嫌になるとか。

女性自身

トピックスRSS

ランキング