氷川きよし「最近おいしかったのは?」への意外な答え

WEB女性自身 / 2013年11月20日 7時0分

「希望を持てるような本が好きですね。自分で買って、自分で活字を追う。そうすると、心が豊かに、強くなる気がするんです。幼いころから、本を読むように、と親から言われてきたこともあって」

 そう話す氷川きよしは、今も、時間が許す限り本を読む。言葉の持つ力を信じる。

「不安になることもあります。ちゃんと歌えるか、拍手がもらえるか――日々、宿題がいっぱいある。そんなとき、本や歌の言葉にいつも救われるんです。『前進をしない人は、後退しているのだ』とかね。ゲーテの言葉です」

 すらすらと、なめらかに口からこぼれる言葉たち。

「『友達がたくさんいるということは、友達が全然いないことである』。これは、アリストテレス。僕も、ひとりの人ときちんと向き合うことや、直接会って、顔を見て話すことを大切にしたいと思っていて。どれだけ深く、どれだけ長く付き合えるか、って大事ですよね。あとは――『心が痛い日も クヨクヨしちゃダメと 月が 月が 月が笑ってる』」

 それは、何の言葉?

「20日に発売するアルバムの中の『月が笑ってる』という曲の詞です(笑)」

 読書の秋、芸術の秋でもあるが、食欲の秋でもある。最後に、最近食べておいしかったものは?と問いかけてみた。すると、「それはーー歌です!」という、素敵な言葉が返ってきた。

女性自身

トピックスRSS

ランキング