杏 『ごちそうさん』撮影で開眼「和食店の女将になりたい!」

WEB女性自身 / 2013年11月21日 7時0分

写真

放送開始から6週連続で週平均視聴率20%超を記録し続けているNHK朝ドラ『ごちそうさん』。そんな国民的ドラマのヒロインを務める杏(27)は、ドラマ同様、日増しに“食”にハマっているという。

「相変わらず収録で出た料理を必ず完食していますよ。収録は大阪がメインなので、出演者の方々は基本、ホテル住まい。しかし、杏さんだけは局が借り上げたマンションに住んでいます。『自炊をしたいけど、ホテルだとキッチンがないので…』と杏さん自ら希望したそうで、局としてもそのほうが安上がりなので快諾したそうです」(制作関係者)

 杏の食に関する探究心は収録中だけにとどまらず、オフの時間にまで及んでいた。

「収録が早く終わると、近所の商店街へ買い物に出掛けては料理法を聞いているそうです。またスタッフと外食した際、運ばれて来たサラダの匂いを嗅いだ杏さんが『バルサミコ酢を使っていますか?』と店員に聞いたんです。分からなかった店員が調理場に確認すると『香りづけ程度に使っています』との答えが。鋭い嗅覚に拍手喝采でしたよ」(局関係者)

 もはやプロの域にまで達した食通ぶり。今回のドラマを演じているなかで“開眼”した杏は、ある夢を抱き始めたという。

「スタッフたちから『お店をやったら?』と言われていますが、本人もまんざらでもないみたいです。『熱燗が似合う小料理屋がいいな』とか『和の創作料理店を出したい!』と話していました。料理プロデュースにも興味があるみたいで『NHKを訪れた人たちがドラマの料理を食べられるブースを作ってほしい』と提案していましたね」(前出・製作関係者)

 将来、和食店の女将として切り盛りする杏の姿が見られるかも!?

女性自身

トピックスRSS

ランキング