小泉今日子“あま枠”出演も…紅白「紅組歌手」固辞のワケ

WEB女性自身 / 2013年11月27日 7時0分

写真

一大ブームを巻き起こした朝ドラ『あまちゃん』で、能年玲奈(20)演じるヒロインの母・春子を好演した小泉今日子(47)。劇中に登場したナンバーを役名でリリースしたCDが16万枚のヒットを記録し、《NHK紅白歌合戦に出場当確》という報道も流れていたが、11月25日に発表された出場歌手リストに、彼女の名前はなかった。

「もちろんオファーは出されたのですが、小泉さん本人が当初から歌手としての出場を固辞し続けていたんです」(NHK関係者)
女優としても歌手としても輝いた一年の締めくくりにふさわしい晴れ舞台を渋るのには、次のような理由があるのだという。
「彼女は、大晦日にはいつも親しい友人を自宅に招いて、新年の料理を作りながらテレビで『紅白』を見る、と決めているんです。また、舞台『シダの群れ3 港の女歌手編』に出演中の彼女には、『今の自分は、あくまでも女優』という考えがあるようです」(芸能関係者)

 それでもNHKとしては、小泉の起用を断念できない事情があった。
「今年の紅白は、どうしても目玉不足が否めず、NHKはPR大使に能年さんを起用するなど『あまちゃん』の人気に頼らざるをえませんでした。早い段階から『あまちゃん』特別コーナーが設けられるという話もまとまっていたようです」(スポーツ紙記者)

 せめて「あまちゃん枠」には出演を、とNHKから小泉へのオファーは続いた。
「小泉さんもさすがに折れて、負担の少ない企画枠ならと、出演を承諾したようです」(前出・芸能関係者)
 それならば、友人たちとの年越しの“約束”も実現は可能だという。大晦日、25年ぶりに紅白のステージに上がるアイドルの姿が、いまから楽しみだ!

女性自身

トピックスRSS

ランキング