現役女子アナ語る「私たちがグッとくる殺し文句」

WEB女性自身 / 2013年12月25日 7時0分

 毎回、ガチンコ取材で話題騒然のアラサー女子アナ座談会シリーズ。今回は東日本エリアから人妻のAアナが初参戦!西日本からのBアナ、Cアナ、そして日本有数の難関大学を卒業したDアナを交え、本音を語ってもらった。

今回、4人がこっそりと教えてくれたのが『女子アナを口説ける秘技』。高嶺の花の彼女たちを口説き落とす術とは!?

Aアナ「外見、肩書、仕事ぶりを褒めるのはダメとはいいませんが、正直飽きるほど言われています(笑)。なので、とにかく内面を褒めてあげてください。いちばん女子アナが言われてグッとくる殺し文句は『テレビで頑張っている姿も好きだけど、今(目の前に)いる君がもっと可愛いよね』というフレーズ。これ、周りの男性から言われてそうで、案外言われないんです」

Bアナ「私の場合、本当に不器用な性格なので、相手が余裕を持って構えてくれる人なら、甘えやすいし安心して頼れるよね。ポイントは、私が弱っているときに近すぎず遠すぎない立ち位置にいる人が、ふと気にかけてくれるか。『大丈夫なの?』って心配してくれて、親身に支えてくれる男性だと惹かれると思いますね」

Cアナ「勤務時間が一定していないので、夜遅くからでも会ってくれる人だと助かりますね。そして、短時間でお茶だけしていても『一緒にいると気分が明るくなって嬉しい』と言ってくれたり、『君ってこういう一面があったんだね』と声をかけられると、やっぱり気持ちいいもんですし、相手の見方も変わりますよ」

Dアナ「私たちに言い寄ってくる人って、どうしても自信家の男性が多いけど、あえてそうじゃない人に口説かれたいという気持ちがある。女子アナって特殊な世界に身を置いてるんだけど、意外に泥くさいことも結構やっているし、体力勝負だったりもする。それをちゃんと言動で認めてくれるひとがいいなぁ」

 全般的に『出会いが多く、かつ生活水準も高い』という印象を持たれがちな彼女たち。小さいころからモテ街道まっしぐらな人生を歩んだ者も少なくないぶん、攻略には男性がいかに『目に見えない部分に気づいて褒められるか』がポイントになってくるようだ。

(週刊FLASH 1月7・14日号)

女性自身

トピックスRSS

ランキング