小保方晴子さん ラクロス部時代、男子部員からの評判

WEB女性自身 / 2014年2月5日 7時0分

万能細胞「STAP細胞」作製に成功した理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの小保方晴子さん(30)。白衣ではなく、祖母からもらったかっぽう着姿で実験することもすっかり有名に。親しみやすい笑顔の「かわいすぎる研究者」に日本中が沸いた。

 小保方さんが育ったのは、千葉県松戸市内の一戸建て。父は昨年まで、一部上場のプラント企業の役員を務めていた。母は私立大学の准教授で、非行に走る中学生の心理などを研究している。

 小・中学は公立校で学んだ。高校は、進学校で知られる県内の私立校。このころ読んだ科学雑誌で、彼女は再生医療に興味を持った。

「小保方さんは男子バレー部のマネージャーでした。うちは生徒の7割が中学からの内部進学で、高校からの生徒とは見えない壁ができがちですが、彼女はよく溶け込んで、3年間部員を支えていました」(同級生)

 人物本位のAO入試で早稲田大学理工学部応用化学科に進学。忙しい研究のかたわら、体育会ラクロス部に所属した。そこではプレーより、別のことで目立っていた。

「2年生になってから入部してきました。みんなより始めるのが1年遅いので、正直レギュラーではなかった。それより『おっぱいの大きなコが入ってきた!』と話題になり、男子は陰で“スイカップ”と呼んでいましたね」(当時の男子部員)

「早稲田の女子は学内で“早稲女(わせじょ)”と呼ばれ、地味なタイプが多いのですが、彼女はミニスカートやフリフリの服を着ていた印象があります。私は『乳デカ子』と呼んでいました(笑)。2~3人の男子部員と親しくしていたようですが、交際には発展しなかった」(別の男子部員)

 発表会見で小保方さんは「デートのときも四六時中、研究のことを考えています」と話しており、どうやら恋人もできた様子。前出の高校の同級生は、「ニュースを見て、とにかくキレイになってて驚きました(笑)」。理系女(リケジョ)の星は、30歳にして公私とも花開いた。

(週刊『FLASH』2月18日号)

女性自身

トピックスRSS

ランキング