嫉妬した内野聖陽が松ケンに「不愉快」

WEB女性自身 / 2014年2月20日 22時0分

写真

2月20日、都内で映画『家路』の完成披露試写会が行われ、俳優の松山ケンイチ(28)、内野聖陽(45)、久保田直監督(53)が出席した。

第64回ベルリン国際映画祭に出品された同作。映画祭に参加した内野は現地の女性から「松山ケンイチくんは来ないんですか?」と聞かれたと報告。松山が「サクラじゃないですか?でもうれしいです」とほほ笑むと、内野がすかさず「不愉快でしたけど……うそですよ!」と茶目っ気たっぷりに答え会場を沸かせた。

長編映画は今回が初めてという久保田監督は、2人の印象を聞かれると「ケンイチは本当に大人。同級生か先輩と話している気分になる。こうだと決めたら全くブレない」と松山を称賛。内野については「(松山と)真逆。たえず悩んで考えて揺れながら答えを出すタイプ」と評価し、「それぞれの役柄がまさにそういう人物なので本当にそこに生きているように感じてもらえると思います」とアピールした。

映画は東日本大震災後の福島の現実を通して、故郷を失った家族の再生と絆を描く。劇中で兄弟を演じている松山と内野は、試写会でも内野が松山を“ケンちゃん”と呼ぶなど仲の良さが垣間見えた。

映画『家路』は、3月1日より全国ロードショー。


(撮影/河崎文雄)

女性自身

トピックスRSS

ランキング