釈由美子「引退求められ…」明かした“涙の破局過去”の真相

WEB女性自身 / 2014年4月22日 0時0分

写真

‘10年の夏に芸能マスコミをにぎわせた、釈由美子(35)の“涙の破局”騒動。同年1月に発覚した30代の一般男性との交際は、結婚間近とみられていた。それが急転直下の“破談”――。
 週刊誌で「家族の反対があった」などと報じられたものの、当時、釈自身は理由については沈黙を守っていた。あれから4年。この2月に、釈の出身高校の『創立75周年記念誌』で、釈は母校の後輩たちに向けたインタビューに登場。実はそこで、“婚約解消の真相”を赤裸々に語っていた。

≪32歳の時、真剣に結婚を考えたことがあります。相手の希望は芸能界引退でした。仕事をやめるのは、私がこれまでやってきたことを否定することだし絶対後悔すると分かっていたので、腹をくくって結婚をお断りしました。入籍1カ月前でした。本当にその人のことは好きだったのですけれど≫

 なんと、相手男性から“芸能界引退”を迫られたのが、別れた本当の理由だったというのだ。釈を知る芸能関係者も、こう語る。

「お相手の彼は、釈さんとの交際で自分の名前などのプライバシーが、マスコミにさらされるのをとても嫌がっていました。ですから、釈さんが芸能界の仕事を辞めれば自分のことも騒がれなくなると思って、『引退してほしい』と何度も頼んだそうです」

 あれから4年――。女優として成長著しい彼女を、丸ごと受け止めてくれる男性はどこに!?

女性自身

トピックスRSS

ランキング