「桜塚やっくんを武道館へ…」追悼ライブでバンドが決意

WEB女性自身 / 2014年4月26日 23時0分

写真

4月26日、昨年10月に交通事故で亡くなった桜塚やっくん(本名・齊藤恭央さん=享年37歳)のロックバンド・美女♂men Zがツアー『やっくん追悼ライブ~Restart~』の最終公演を赤坂BLITZで開催。新たな出発を宣言した。

桜塚やっくんは’13年10月5日、ライブのために車で移動していた際、山口県で交通事故に遭い亡くなった。同乗していた関係者の砂守孝多郎さんも死亡し、そのほかのメンバーも怪我を負った。

会場には遺族の意向により、この日限定でやっくんの“メモリアルブース”を無料で公開。「スケバン恐子」など、やっくんが使用していた衣装や小物を展示し、多くのファンが訪れた。

バンドのベース担当・伊織は、やっくんのピアスと砂守さんが事故当時かけていたメガネをつけて登場。これまでを振り返り、「自分も事故で怪我をした。でも、やっくんが映っている動画を編集するほうが痛くて辛かったです」と心境を語った。

ギター担当の如月なつきは「バンドを辞めようともしました。でもまた、ここに戻ってこられてよかった」と話し、「本当はやっくんと立って、砂守さんにも見てほしかった。絶対に2人を武道館に連れて行きます!」と力強く宣言。新たな一歩を踏み出した。

会場には、鼠先輩や芋洗坂係長ら、多数の芸能人たちから追悼のコメントが届いた。


(撮影/鈴木鍵一)

女性自身

トピックスRSS

ランキング