“月の水”でポカリを…民間企業で月面着陸目指す

WEB女性自身 / 2014年5月15日 0時0分

写真

 5月15日、史上初、民間企業が挑む「月面到達挑戦プロジェクト」のプレス発表会が都内で行われ、宇宙飛行士の山崎直子氏とロンドン五輪水泳・背泳ぎ銅メダリストの寺川綾が登場した。

 同プロジェクトでは、世界中の子どもたちが描いた夢をレーザー技術によってあしらったチタンプレートと、月面で“月の水”を飲むことができる夢をこめて大塚製薬「ポカリスエット」の粉末を入れたタイムカプセルを月に運ぶ。’15年10月に月面着陸を予定している。

 民間企業は、大塚製薬株式会社、国際的宇宙事業会社アストロスケール社(シンガポール)、宇宙開発企業アストロボティック・テクノロジー社(アメリカ)から構成されており、国内の大学・研究機関や中小企業の支援を受けて実現される。

(撮影/小山伸正)

女性自身

トピックスRSS

ランキング