マツコ・デラックス、昨今のエンタメ事件を一刀両断

WEB女性自身 / 2014年5月27日 18時0分

写真

5月27日、タレントのマツコ・デラックス(41)が都内で行われた『MOSDO!』の新商品&新CM発表会に出席。AKB切りつけ事件や、ASKA容疑者について言及し、マツコ節を炸裂させた。

この日は、新CMで共演している女優の忽那汐里(21)も同席。マツコは「汐里ちゃんがいるからAKBの話はダメよ」と取材陣をけん制した。それでも意見を求められたマツコは「(事件が起きた)場所が会場だったというだけで、道を歩いていて突然やられる可能性だってある。そうしたらずっとSPをつけるのかって話になるじゃない」と口を開き、つづけて「あれもダメ、これもダメってしていったら面白いことができなくなる」とイベント自粛モードに懸念を示した。

その後、話題は今月17日に覚せい剤を隠し持っていとして逮捕され、覚せい剤使用の疑いで本日(27日)再逮捕されたCHAGE and ASKAのASKA容疑者(=宮崎重明・56)へ。マツコは「それより学校の校長先生がやっていたニュースの方が驚いたわよ。ミュージシャンは昔から聞くから驚かないけど、校長先生が“シャブ中”って・・・・・・恐ろしいわ」と眉をひそめた。

忽那とマツコが出演する新CMは5月28日より全国で放送される。


(撮影/小山伸正)

女性自身

トピックスRSS

ランキング