《フルヴィア・ザッケローニ夫人への一問一答》

WEB女性自身 / 2014年7月1日 0時0分

Q.ご主人のアルベルトさんが日本代表の監督に選ばれた時、どんな反応でしたか?

A.日本代表の監督という大役を任されたということを、夫はとても喜んで、満足している様子でした。一国のナショナルチームを率いるというのは、サッカーの監督をする人間にとっては、非常に名誉で、誇りに思うべきことです。それに、彼は以前からナショナルチーム代表監督という仕事を、やってみたいと望んでいたようですから、喜びはなおさらだったと思います。たとえ結果がどうであっても、彼のような仕事をしている人間にとって、それはとても名誉なことには違いありません。

Q.今回のW杯ブラジル大会を前にして、御主人は何か奥様におっしゃっていましたか?

A.大会直前に電話で話したときは、特別、決意表明のようなことは言っていませんでした。ただ、彼が非常に大切で、大きな仕事を前にして、いつもより緊張している様子なのは、話していても分かりました。でも、必ず良い結果を達成できると信じているようすでした。とても残念なことに、それは実現できませんでしたけれど。

Q.日本とイタリアで、遠く離れて生活して来られたわけですが、その間、お二人の間で何か決め事や、約束のようなものはありましたか?

A.普通の夫婦にとっては、遠く離れた場所に別れて暮らすのは、確かに容易ではないでしょうね。でも私たちの場合は、彼が家を離れてミラノのチームの監督をしていたときもそうだったのですが、こういうライフスタイルには、もう慣れていました。ただ遠く離れて暮らす夫婦にとって重要なのは、頻繁に連絡を取って、話し合うということです。そしてたとえ離れていても、お互いが相手のことを、ずっと「身近な存在」と感じられる状況を保つことが重要なのです。ですから、この4年間、彼が日本にいる間も、ほとんど毎日、話はしていました。

Q.ご主人が日本にいる間、どのような形で連絡を取り合っていらしたのですか?

A.インターネットのメールなど、あらゆる方法で、毎日連絡を取り合っていたのですが、やはり心がいちばん通じるのは、電話で直接、夫の声を聞くときでした。

Q.ひんぱんに電話で話をすると、電話代だけでかなりの額になると思うのですが、たとえば毎月、いくらぐらいの電話代がかかっていましたか?

A.これはお金の問題ではありませんから、あまり気にしていません。とにかく、二人の人間が直接相手の声を聞きたい、それを通じていつも繋がっていたい、と感じていることが大切なのですから。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
女性自身

トピックスRSS

ランキング